ザ・トルバドールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・トルバドールズ
基本情報
出身地 イギリスの旗 イギリス
リヴァプール
ウィガン
ジャンル ギターポップ
活動期間 2002年 - 2009年
2011年 -
レーベル BMG JAPAN
共同作業者 ザ・キャプティヴ・ハーツ
メンバー
マーク・フリス
ジョニー・モリヌー
トニー・ファーガソン
エルモ・ニーノ
旧メンバー
ロビー・テイラー
ルーク・トムソン

{{{Influences}}}

ザ・トルバドールズ (The Troubadours) は、イギリスロックバンド

概要[編集]

2002年結成。「吟遊詩人」を意味するバンド名は、ローリング・ストーンズの「悪魔を憐れむ歌」の歌詞の一節からとられた。日本ではシングル「ギミ・ラヴ」のラジオ・ヒットもあり、着実に人気を集めていたが、本国イギリスでの成功には恵まれないまま、2009年に解散。しかし、2011年には一夜限りの再結成ライヴをきっかけに活動を再開した。

メンバー[編集]

元メンバー
  • ルーク・トムソン (Luke Thomson, リードギター、コーラス) (2008年)
  • ロビー・テイラー (Robbie Taylor, リードギター、コーラス) (2009年)

来歴[編集]

2002年、幼なじみのマーク・フリス(ボーカル兼ギター)とジョニー・モリヌー(ギター)がメンバー募集の張り紙を貼って、オーディションの末にトニー・ファーガソン(ベース)、そしてトニーの紹介でエルモ・ウォッツ(ドラムス)が加入。

しばらくはデモ作りに励み、2007年にシングル「ギミ・ラヴ」を自主リリースし、インディーチャートの20位を記録。ちなみに、シングルをプロデュースしたジョン・レッキーは「『ギミ・ラヴ』を聴いた瞬間に、彼らと仕事をしなければ!と思ったんだ。そのサウンドは実に新鮮で、とくにソングライターのマーク・フリスは10年にひとり出るか出ないかのソングライターだよ」と絶賛したと言われている。

2008年には音楽誌『Q』の「今年ブレイク必至のニューバンド・ベスト10」に選出される。また、ポール・ウェラージ・エナミーオープニングアクトに抜擢され、そのポール・ウェラーは「ザ・トルバドールズは英国伝統メロディの至宝だ!」と絶賛したと言われている。6月には、シングル専門レーベルのLoog Recordsから「スーパースティシャス」をリリース。

一方日本のレコード会社であるBMG JAPANは、独自にバンドにアプローチ。2008年7月、日本限定のデビューEPを3000枚限定でリリース。8月にはサマーソニックに出演を果たし、ザ・フラテリスの単独公演にもオープニングアクトとして出演。9月には本国でのリリースは未定のまま日本先行で1stアルバム『ザ・トルバドールズ』をリリース。アルバムは9月26日のとくダネ!の「小倉智昭の週刊!エンタ☆マイスター」に取り上げられ、「ギミ・ラヴ」も全国のラジオ局でパワー・プレイされるなど本国以上の人気を獲得し、アルバムは1万枚を超える売り上げを記録。また同年11月には単独来日公演を敢行している[1]

しかし、日本でのデビューアルバム発表直前に、ギタリストのジョニーがガールフレンドの妊娠を理由に脱退。後任として元ザ・スタンズのルーク・トムソンが加入して来日公演を乗り切ったが、ルークもすぐに脱退。代わりにすぐロビー・テイラーなる人物が加入するなど、メンバーチェンジが相次いだ。

また、当時イギリスのチャートはロックバンドが不振を極めていたこともあって、バンドの判断で本国でのアルバム発売は先送りされた[2]。しかし、アルバムのリリース延期を繰り返すうちに、バンドの活動は縮小。2009年の終わりには、活動休止状態となった。

2010年、フロントマンのマーク・フリスは新バンド「ザ・キャプティヴ・ハーツ」を結成し、翌2011年にはデビューEP「ハミングバード」を発表した。しかしトルバドールズ同様、バンドメンバーの脱退などですぐに解散状態に追い込まれた。

2011年末、地元リバプールにて行われた一夜限りの再結成ライヴがソールド・アウトとなったことから、再びオリジナルメンバーが集結し、トルバドールズとして活動再開することになった。

影響[編集]

彼らが影響を受けたアーティストとして挙げていたのは、ザ・ストーン・ローゼズラヴラーズキャストシャックキャプテン・ビーフハートビートルズなど。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • 2008年 ザ・トルバドールズ / The Troubadours(日本限定) - オリコン70位、洋楽チャート22位

EP[編集]

  • 2008年 EP(日本限定)

シングル[編集]

  • 2007年 ギミ・ラヴ / Gimme love - インディー20位
  • 2008年 スーパースティシャス / (I'm Not) Superstitious - インディー8位
  • 2009年 サレンダー / Surrender (ダウンロード限定)

注釈[編集]

  1. ^ 元々ザ・メトロスとのジョイント・ツアーの予定だったが、直前にメトロスは来日をキャンセルし、そのまま解散した。
  2. ^ トルバドールズが、本国でアルバムを出さないわけ - インロック ニュース

外部リンク[編集]