ザ・ディスカバリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザ・ディスカバリー
The Discovery
監督 チャーリー・マクダウェル英語版
脚本 ジャスティン・ラダー
チャーリー・マクダウェル
製作 アレックス・オルロフスキー
ジェームズ・D・スターン
出演者 ジェイソン・シーゲル
ルーニー・マーラ
ジェシー・プレモンス
ライリー・キーオ
ロバート・レッドフォード
音楽 ダニー・ベンシー
ソーンダー・ジュリアーンズ
撮影 ストゥルラ・ブラント・グロヴレン
編集 ジェニファー・リリー
製作会社 エンドゲーム・エンターテインメント
プロタゴニスト・ピクチャーズ
A-Loフィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗ネットフリックス
日本の旗劇場未公開
公開 アメリカ合衆国の旗2017年3月31日
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

ザ・ディスカバリー』は、2017年アメリカ合衆国SF映画である。監督はチャーリー・マクダウェル英語版、主演はジェイソン・シーゲルルーニー・マーラが務めた。

劇場公開は行わらず、世界各国でネットフリックスによる配信が行われている。

ストーリー[編集]

科学者トーマス・ハーバーは、“死後の世界”の存在を証明したと世間に公表するが、それは皮肉にも世界の自殺予備軍の背中を後押しする形となる。大量の自殺者を出した一連の騒動の半年後、トーマスはテレビ・クルーを自宅に呼びインタビューに応じていた。“死後世界の証明”は厳密には「死後に肉体から離れる脳の波長を補足した」までのものであり、「脳波がどこに行き着くか」までは解明出来ていないものだった。にもかかわらず死後世界発見を発表し100万人もの自殺者を出したトーマスに対しインタビュアーは責任を問う。トーマスが「自分に責任はない」と答える中、番組スタッフの一人がその場で拳銃自殺を行い、その映像が生放送で世に発信されてしまう。

事件から1年半後、トーマスは行方をくらましており、世界は衝撃の自殺映像により400万人にまで自殺者数を増やしていた。そんなある日、トーマスの息子ウィルは移動中のフェリーで、アイラという女性と出会う。アイラは自殺集団の考えは支持していないものの、死後世界はあると考えていたが、ウィルは死後世界の証明が決定的ではないとの立場をとっていて、人々が疑いもせず安易に自殺していくことに苛立ちをおぼえていた。ウィルはアイラに、幼少期の臨死体験の記憶についても語った。ウィルは砂浜に座る男の子を死後世界で見たのだという。

港に迎えに来ていた兄、トビーの車に乗ったウィルはトーマスの邸宅へと向かった。トーマスは人里離れた場所に邸宅を建て、そこを研究拠点にしようとしていたのであった。その邸宅で働く人々は皆、自殺未遂を起こした人間たちだった。ウィルとトビーが部屋に入るとそこではレイシーとクーパーがトーマスの蘇生を試みていた。トーマスを殺したのはレイシーとクーパーだったのだ。ウィルは蘇ったトーマスに死亡率上昇の責任を取るよう糾弾した。

ウィルが浜辺を歩いていると、重い荷物を背負ったアイラが海に入っていくのが見えた。必死の思いでアイラの入水自殺を止めたウィルは、彼女を邸宅へと連れて行くことにした。邸宅で暮らす人々の話し合いの中で、トーマスは「死者が死後世界で見たものを記録できる装置の開発に成功したが、被験者がいない」と言った。そこで、人々は近くの墓地からフィリップスという男の死体を盗み出した。

ウィルは子供の頃に母親が自殺してしまったことをアイラに明かした。翌日、トーマスたちは死後世界の記録を取ろうとしたが、何も記録できなかった。実はウィルが装置に仕掛けを施して、映像データが別の場所に転送されるようになっていたのである。転送されたデータを再生すると、そこには病院に向かった男性が誰かを見舞い、女性と口論する様子が記録されていた。データからその病院を割り出したウィルは、現地へと向かったが、データに記録されていた出来事が起きたのが少なくとも10年以上前であることを知っただけに終わった。

実験の失敗の原因を検討するミーティングで、トーマスは機材の不調を邸宅に暮らす人々に言いふらしたレイシーを論難し、ここから出ていくように命じた。ウィルはアイラを先の病院へと連れて行き、そこで録画された映像を見せた。ウィルは「ここに映っているのは死後世界の映像ではないと思う」とアイラに言うのだった。病院内を捜索した2人は、フィリップスの父親のものと思われるカルテを発見した。

トーマスの実験とウィルとアイラの調査の末に、死後世界とされていた世界の真の姿が明らかになってしまう。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

日本語版スタッフ:演出:藤本直樹、翻訳:寺本亜紀、制作:ACクリエイト

製作[編集]

2015年10月、チャーリー・マクダウェルが自身の脚本をニコラス・ホルトとルーニー・マーラ主演で映画化する計画を進めているとの報道があった[1]2016年3月、スケジュールの都合でホルトが降板し、その代役としてジェイソン・シーゲルが起用されると報じられた。また、ロバート・レッドフォード、ライリー・キーオ、ジェシー・プレモンスの出演も決まった[2][3]

本作の主要撮影は2016年3月28日にロードアイランド州ニューポートで始まり[4]、同年5月1日に終了した[5]

公開[編集]

2016年6月、ネットフリックスが本作の全世界配給権を購入したと発表した[6]。2017年1月20日、サンダンス映画祭にて本作のプレミア上映が行われた[7]

評価[編集]

本作に対する批評家の評価は可もなく不可もなくというレベルに落ち着いている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには49件のレビューがあり、批評家支持率は43%、平均点は10点満点で5.5点となっている[8]。また、Metacriticには18件のレビューがあり、加重平均値は55/100となっている[9]

バラエティ』のデニス・ハーヴェイは「『ザ・ディスカバリー』は素晴らしい題材を見出したにも拘わらず、最終的には、その謎が陳腐なものになってしまった。」と述べている[10]

出典[編集]

外部リンク[編集]