ザ・ダルズ (オレゴン州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザ・ダルズ
The Dalles, Oregon
ザ・ダルズとコロンビア川(2008年11月)
ザ・ダルズとコロンビア川(2008年11月)
ザ・ダルズの旗
標語: 
"Cognito timor Vincit" (Latin), "Knowledge Conquers Fear" (English)
オレゴン州ワスコ郡における位置
オレゴン州ワスコ郡における位置
座標:北緯45度36分4秒 西経121度10分58秒 / 北緯45.60111度 西経121.18278度 / 45.60111; -121.18278座標: 北緯45度36分4秒 西経121度10分58秒 / 北緯45.60111度 西経121.18278度 / 45.60111; -121.18278
ワスコ郡
法人化 1857年
政府
 • 市長 リチャード・メイズ
面積
 • 合計 6.94 mi2 (17.97 km2)
 • 陸地 6.66 mi2 (17.24 km2)
 • 水面 0.28 mi2 (0.72 km2)
標高
109 ft (33 m)
人口
(2010)[2]
 • 合計 13,620人
 • 推計
(2018)[3]
15,666人
 • 密度 2,352.96人/mi2 (908.46人/km2)
等時帯 UTC−8 (PST)
 • 夏時間 UTC−7 (PDT)
ZIPコード
97058
市外局番 458・541
FIPSコード 41-72950
ウェブサイト City of The Dalles

ザ・ダルズ英語: The Dalles, [ˈdælz])はアメリカ合衆国オレゴン州ワスコ郡最大の都市で、同郡の郡庁所在地2010年国勢調査によると、人口は13,620人。これは、コロンビア川のオレゴン州側沿岸にある町で、ポートランド都市圏の外にある町の中では人口が最も多い。

コロンビア川沿いの港湾都市であり、毛皮交易の積替え地点として発展をしてきた。

歴史[編集]

ザ・ダルズの街がある土地には1万年前からネイティブ・アメリカンの交易地が立地していた。ルイス・クラーク探検隊1805年10月25日から27日に近郊でキャンプを開いたことが記録されている。

地名の由来[編集]

ザ・ダルズという地名はフランス語で用水路表す「ダール dalle」に由来しており、北西会社で勤務していたフランス系カナダ人コロンビア川流域のザ・ダルズとセリロ滝英語版との間にあった急流を指して使われていた。

毛皮交易[編集]

オレゴン・ジオグラフィック・ネームズによると、ダルズという地名は1814年4月12日、毛皮商人のガブリエル・フランシェールによって使われた。当時はコロンビア川の主要な急流を指して使われていた。1810年代初頭、毛皮交易が盛んになり、アメリカの太平洋毛皮会社英語版やカナダの北西会社の従業員がこの地を通り過ぎて行った。例えば、北西会社職員で探検家のデイヴィット・トンプソン英語版はコロンビア川を上り降りしてセリロ滝英語版周辺を探検した。1812年に発生した米英戦争によって太平洋毛皮会社は翌年に倒産し、アストリア交易所英語版などの資産は北西会社に引き継がれた[4]

ザ・ダルズ初期の風景

1821年、北西会社はハドソン湾会社に買収された。バンクーバー交易所英語版1824年に建設され、地域の毛皮交易の中心地だったアストリア交易所はその役目を終えた。ハドソン湾会社はコロンビア川を利用した広域の毛皮交易網を構築した。ザ・ダルズにある急流は「四大連水陸路」の中で最大のものであり、交易船はここで積荷の積み替えが必要であった。水位の高い時に「急流くだり」を敢行する交易船も一部には存在したが、この航法は非常に危険で当時数多くの死者が発生した[5]

1880年代のザ・デルズ
セカンドストリート(1880年ごろ)
ユマティラ・ハウス・ホテル(1880年ごろ)
E・B・マクファーランド邸(1881年ごろ)

ワスコパム・ミッション[編集]

1838年メソジストの宣教団体の支局がセリロ滝に設置され、先住民のワスコ族からワスコパム・ミッションと命名された[6]。1850年代にはアメリカ陸軍がワスコパム・ミッションの支局跡に前哨基地を設置、フォートダルズと命名された。ザ・ダルズの街はこのフォートダルズを中心として川岸に沿って発展した[6]1855年にカユース戦争が終結した際、この地に住んでいた先住民は陸軍によってウォームスプリングス・インディアン保留地へと強制移住させられた[6]

アメリカ人の入植[編集]

1840年代前半、数多くの入植者たちがオレゴン・トレイルの終点であるこの地へやってきた。ザ・ダルズの西側には急な崖が存在し、幌馬車ではそれ以上進むことができなかったのである。1846年に道路が建設されるまで、バンクーバーやウィラメットバレーへ向かうためにはザ・ダルズから川を下るしかなかった[6]

1851年には郵便局が現在の市域の端に設置され、1857年に法人市となった。この街は、ポートランドペンドルトンの間にある北オレゴン中央部の中心都市であった。地名は当初「ダルズ」であったが1853年に「ワスコパム」と一度改名し、その後1860年に「ザ・ダルズ」となった。

1864年には連邦議会キャニオンシティの金を利用して造幣局を設置するための予算を割り当てた。しかし、キャニオンシティからの産出量低下に加え、費用の増加、人手不足、そしてコロンビア川の氾濫などによって計画が2年遅れ、結局は計画凍結となってしまった。1870年オレゴン州は連邦政府から計画に割り当てられていた資産と建物を受領、建物は別の用途に利用された[7]

ザ・ダルズ市役所

1957年ザ・ダルズ・ダム英語版がセリロ滝の下流に建設された。

1982年、巻き毛の子猫がザ・ダルズに住むコール夫妻の元に生まれた。コール夫妻はこの子猫とその子孫を用いて新品種ラパーマを開発した[8]

1984年にはアメリカ初のバイオテロである、ラジニーシによるバイオテロがザ・ダルズで発生した。

2018年にはTempleOSの開発者であるテリー・A・デイビスが、ポートランドからザ・ダルズへ向かう途中に電車にはねられ、48歳の若さで死亡した[9]

地理[編集]

ザ・ダルズとコロンビア川

州間高速道路84号西線アメリカ国道30号線アメリカ国道197号線がザ・ダルズで交差する。

アメリカ合衆国国勢調査局によると、面積は53.38平方キロメートル、水域率は3.3%である[10]

気候[編集]

ケッペンの気候区分ではステップ気候(BSk)に分類される。しかし、中緯度帯の海沿いで、西にカスケード山脈がそびえ立っている影響から、降水の傾向は地中海性気候に近い。

ザ・ダルズ飛行場 (1981年–2010年)(最高値は1948年以降)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °F°C 71
(22)
69
(21)
80
(27)
95
(35)
107
(42)
108
(42)
111
(44)
110
(43)
105
(41)
93
(34)
72
(22)
66
(19)
111
(44)
平均最高気温 °F°C 42.2
(5.7)
48.0
(8.9)
57.0
(13.9)
64.4
(18)
72.9
(22.7)
79.1
(26.2)
87.5
(30.8)
87.3
(30.7)
80.1
(26.7)
65.7
(18.7)
50.0
(10)
40.3
(4.6)
64.54
(18.08)
平均最低気温 °F°C 31.0
(−0.6)
31.8
(−0.1)
36.6
(2.6)
41.5
(5.3)
48.6
(9.2)
54.8
(12.7)
60.4
(15.8)
59.5
(15.3)
51.6
(10.9)
42.3
(5.7)
35.3
(1.8)
30.2
(−1)
43.63
(6.47)
最低気温記録 °F°C −14
(−26)
−4
(−20)
11
(−12)
23
(−5)
28
(−2)
37
(3)
40
(4)
42
(6)
29
(−2)
15
(−9)
−1
(−18)
−5
(−21)
−14
(−26)
降水量 inch (mm) 2.57
(65.3)
1.6
(41)
1.19
(30.2)
0.65
(16.5)
0.58
(14.7)
.41
(10.4)
0.16
(4.1)
0.23
(5.8)
0.47
(11.9)
0.99
(25.1)
2.14
(54.4)
2.73
(69.3)
13.72
(348.7)
降雪量 inch (cm) 1.9
(4.8)
0.8
(2)
0.5
(1.3)
0.0
(0)
0.0
(0)
0.0
(0)
0.0
(0)
0.0
(0)
0.0
(0)
trace 0.5
(1.3)
1.3
(3.3)
4.8
(12.2)
出典:NOAA[11]


経済[編集]

2006年Googleが巨大データセンターをザ・ダルズに設置する計画が開始された。データセンターにはサッカー場ほどの面積の建物2棟、冷却棟2棟が立地する。

人口動静[編集]

人口推移
人口
1860802
187094217.5%
18802,232136.9%
18903,23945.1%
19003,5429.4%
19104,88037.8%
19205,80719.0%
19305,8330.4%
19406,2667.4%
19507,67622.5%
196010,49336.7%
197010,423−0.7%
198010,8203.8%
199011,0602.2%
200012,1569.9%
201013,62012.0%
2018(推計)15,666[3]15.0%
source:[12]
U.S. Decennial Census[13]

以下はのデータは2010年の国勢調査に基づく[2]

基礎データ

  • 人口:13,620人
  • 世帯数: 5,472世帯
  • 家族数: 3,441家族
  • 人口密度: 828.2人/km²
  • 住居数: 5,903軒
  • 住居密度: 358.9軒/km²

人種別人口構成

世帯と家族

  • 18歳未満の子供がいる: 30.3%
  • 結婚・同居している世帯: 46.1%
  • 未婚・離婚女性が世帯主である世帯: 12.4%
  • 未婚・離婚男性が世帯主である世帯: 4.4%
  • 非家族世帯: 37.1%
  • 単身世帯: 31.0%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 14.1%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.40人
    • 家族: 2.99人

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 23.8%
  • 18歳-24歳: 8.3%
  • 25歳-44歳: 24.1%
  • 45歳-64歳: 25.8%
  • 65歳以上: 17.9%
  • 年齢の中央値: 39.7歳
  • 男女比
    • 男性: 48.4%
    • 女性: 51.6%

以下は2000年の国勢調査に基づく。

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 35,430米ドル
    • 家族: 43,041米ドル
    • 性別
      • 男性: 36,387米ドル
      • 女性: 22,583米ドル
  • 人口1人あたり収入: 17,511米ドル
  • 貧困線以下
    • 対家族: 9.0%
    • 対人口: 12.4%
    • 18歳以下: 16.6%
    • 65歳以上: 8.6%

著名な住人・出身者[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2018 U.S. Gazetteer Files”. アメリカ合衆国国勢調査局. 2020年2月12日閲覧。
  2. ^ a b U.S. Census website”. United States Census Bureau. 2012年12月21日閲覧。
  3. ^ a b Population and Housing Unit Estimates”. 2019年6月4日閲覧。
  4. ^ Fort Astoria, 1813”. Oregon Historical Society. 2011年8月28日閲覧。
  5. ^ Gibson, James R. (1998). The Lifeline of the Oregon Country: The Fraser-Columbia Brigade System, 1811–47. UBC Press. p. 114. ISBN 978-0-7748-0643-5. https://books.google.com/books?id=4imt4oeWrr0C&pg=PA6 2011年8月28日閲覧。 
  6. ^ a b c d Fort Dalles History”. Fort Dalles Museum and the Anderson Homestead. 2011年8月28日閲覧。
  7. ^ Wasco History. Wasco-history.r9esd.k12.or.us. Retrieved on June 4, 2012.
  8. ^ History of the Breed”. The LaPerm Society. 2011年5月29日閲覧。 “In the midst of these hunting grounds, near The Dalles, Oregon and under the watchful eye of Tsagaglalal, the LaPerm came into existence in the spring of 1982.”
  9. ^ Terry Davis (2018-06-07), Terry Davis: Portland Exodus, https://www.youtube.com/watch?v=HS4NfX4WmzA 2018年6月8日閲覧。 
  10. ^ US Gazetteer files 2010”. アメリカ合衆国国勢調査局. 2012年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月21日閲覧。
  11. ^ NOWData – NOAA Online Weather Data”. 2016年5月2日閲覧。
  12. ^ Moffatt, Riley. Population History of Western U.S. Cities & Towns, 1850–1990. Lanham: Scarecrow, 1996, 216.
  13. ^ アメリカ合衆国国勢調査局. “Census of Population and Housing”. 2014年9月26日閲覧。
  14. ^ Tukwila Sister City Affiliation. Ci.tukwila.wa.us (November 19, 1979). Retrieved on June 4, 2012.