ザ・センチネル/陰謀の星条旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・センチネル/陰謀の星条旗
The Sentinel
監督 クラーク・ジョンソン
脚本 ジョージ・ノルフィ
原作 ジェラルド・ペティヴィッチ
『謀殺の星条旗』
製作 マイケル・ダグラス
マーシー・ドロギン
アーノン・ミルチャン
製作総指揮 ビル・カラロ
出演者 マイケル・ダグラス
キーファー・サザーランド
音楽 クリストフ・ベック
撮影 ガブリエル・ベリスタイン
編集 シンディ・モロ
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年4月16日
日本の旗 2006年10月7日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $78,084,827[1]
テンプレートを表示

ザ・センチネル/陰謀の星条旗』(ザ・センチネル いんぼうのせいじょうき、原題: The Sentinel)は、2006年公開のアメリカ映画ジェラルド・ペティヴィッチの小説『謀殺の星条旗』を原作としており、シークレットサービスのエージェント2人を主軸に展開するサスペンスアクション

ストーリー[編集]

ピート・ギャリソンはシークレットサービス(SS)に勤務する20年来のベテラン警護官であり、レーガン大統領暗殺未遂事件では自ら銃弾を受けて大統領を守ったというSS内でも尊敬の絶えない伝説的な人物だが、女への手癖が悪く、それが原因で親友のデイヴィッド・ブレッキンリッジと仲違いし、そして現在は警護対象である大統領夫人サラ・バレンタインと関係を持っていた。

ある時、ピートと親しい同僚の警護官チャーリー・メリウェザーが自宅前で何者かに暗殺され、かつての親友・デイヴィッドが捜査にあたり始める。そんな時期にピートは、タレ込み屋より大統領暗殺計画が進行していることと、それにSSの人間が関わっていることを知り、その報告を受けたSSでは内通者捜しが始まる。また同時にピートの下に大統領夫人との関係を撮影した写真が送られてきて、脅迫を受け始める。

ピートは大統領夫人との関係から不審な行動が目立ち始めたためにデイヴィッドに疑われ始め、脅迫者が命令してきた行動が疑いに拍車をかける。ついに、ピートは極秘裏に監視対象とされる中、マリーンワン(大統領専用ヘリ)が撃ち落とされるという事件が発生。大統領は搭乗していなかったため、事なきを得たものの、この事件が原因で、ピートはいよいよ内通者とされてしまう。

ピートは逃亡の身となりながらも、身の潔白を証明するべく、暗殺犯と内通者を捜し始め、主任捜査官となったデイヴィッドが彼を追う。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ピート・ギャリソン マイケル・ダグラス 小川真司
デイヴィッド・ブレッキンリッジ キーファー・サザーランド 小山力也
ジル・マリン エヴァ・ロンゴリア 小林さやか
ウィリアム・モントローズ マーティン・ドノヴァン 加藤亮夫
サラ・バレンタイン キム・ベイシンガー 勝生真沙子

参考文献[編集]

  1. ^ The Sentinel (2006)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年5月22日閲覧。

外部リンク[編集]