ザ・ゴールデン・カップス (プロレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ザ・ゴールデン・カップスThe Golden Cups)は、プロレスのユニットである。UWFインターナショナルに所属したプロレスラー安生洋二高山善廣、山本健一(現:山本喧一)からなる。

名前の由来は、金的を防御するノーファール・カップとグループ・サウンズの「ザ・ゴールデン・カップス」をかけたものから。また安生によると「優勝カップ」の意味もあり、「本当は“ワールド・カップ”にしたかったけど、そこまで大したチームでも無いから1ランク下げて“ゴールデン・カップ”にした」とコメントしている。

メンバーがインタビューを受けた際は「ウィー・アー・ザ・ゴールデン・カップス!」で締めるのが恒例であった(このパフォーマンスは後の高山による「行くぞ、俺たちNO FEAR!!」に受け継がれている)。

概要[編集]

1994年12月にグレイシー道場へ道場破りを敢行したもののヒクソン・グレイシーに返り討ちに遭い、翌1995年10月9日に行われた新日本プロレスとの全面対抗戦では「200%勝ちます」と公言して臨んだ長州力戦にもサソリ固めであっさりと敗退した安生洋二は、ビッグマウスとは対照的な負けっぷりから「ブーイング大王」の異名を持つ程の大ヒールとなっていた。ちなみに、この時の長州の試合後のコメントが「キレてないですよ」(正確には「キレちゃいないよ」)である。

UWF垣原とかに任せて、プロレス界は僕が背負って立ちます」と宣言し、黒いコスチュームに変更してUWFスタイルとは程遠い「急所攻撃」や「足を踏みつける」といった姑息な技を繰り返し使うようになり、自らノーファール・カップを着用して試合に臨む様になった。

蝶野冬木とやっていくとなったら、俺も軍団を作らなくちゃいけなくなるから」という考えのもと、高山を軍団入りさせようと画策。UWFスタイルに固執してノーファール・カップの着用を拒否した挙句、金的蹴りで蝶野&天山組に敗れた試合後の高山に向かって、記者団を前に

安生「ちゃんと金カップ付けろって言っただろう。金玉蹴ってくるの分かってんだから。」

高山「UWFなんだから、ここは!安生さん、あんまり目茶苦茶やってるとUWFが泣きますよ。何考えてるんすか。本当に!」

安生「オレが何したってんだ。金カップ付けてるだけだろうが、お前。バカ!」

高山「そんな事させてる様だからダメなんですよ!安生さん、ちょっと変ですよ。オカシ過ぎますよ!(記者団に向かって)エェ?金玉蹴った?勝てる奴が何だってんだ。次はオレがぶっ殺してやるよ!天山をよ!蝶野!」(と言い放ち立ち去る)

安生「ザ・ゴールデン・カップスって名前で行こうと思ってたんだけどな…。一から考え直さないと若い者は付いて来んな…。」 という珍問答を経て、徐々に安生ワールドを浸透させると、UWFスタイルの急先鋒とみられていた高山の懐柔に成功。続いて若手の山本も軍団入りさせ、1996年1月4日に「ザ・ゴールデン・カップス」の結成を宣言した。

この頃から安生は「Uの砦を守るとか、これっぽっちも考えていない。」「Uというものに縛られたくない。チームスポーツじゃないんだから。闘いをエンジョイしたいだけ。ファンもそういうものをプロレス界に期待しちゃいかん。」等と発言し、高山も同調するようになった。

以降Uインターの異色な存在として活躍し、試合中凶器としてタコをリングに持ちこんだり、ストロングマシンのコンセプトを踏襲した『100%マシン』『150%マシン』などのマスクマンを登場させたり、『OH TACO』というCDアルバムもリリースするなど多方面で活動するようになったが、Uインターの崩壊と三者の方向性の違いから自然消滅した。

その後[編集]

ザ・ゴールデン・カップスのキャラクターが定着し、「ハッスル」を舞台にキャラクター重視のレスラーとして、その存在感を遺憾なく発揮している。
それまでの、硬派ながら地味なレスラーのイメージを安生とのコンビで180度転換させることに成功した。ザ・ゴールデン・カップス以降はUWFの呪縛から解き放たれたように積極的にマスコミにも登場して、豪快に笑いながらビッグマウスを連発するキャラクターとなり、明らかに活躍の場を広げた。
ザ・ゴールデン・カップス時代から安生と高山の陰に隠れた存在で、格闘家路線に戻ったものの相変わらずブレイクするには至らず。ノリノリだった安生・高山とは対照的に意に反した軍団入りであった感は否めない。

復活へ[編集]

メンバーのひとりであった山本喧一は北海道を主戦場として活動していたが、2014年5月11日のDDTでタッグを組んだ高木三四郎とDDT北海道大会限定としてゴールデンカップス復活を宣言した[1]

2015年3月19日に行われた安生洋二引退試合では引退していた山本も限定復帰し再結成された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]