ザ・コップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザ・コップ
Cop
監督 ジェームズ・B・ハリス
脚本 ジェームズ・B・ハリス
原作 ジェイムズ・エルロイ
「血まみれの月」より
製作 ジェームズ・B・ハリス
ジェームズ・ウッズ
製作総指揮 トーマス・コールマン
マイケル・ローゼンブラット
出演者 ジェームズ・ウッズ
音楽 ミシェル・コロンビエ
撮影 スティーヴン・デュービン
製作会社 Atlantic Releasing Corporation
ハリス・ウッズ・プロ
配給 アメリカ合衆国の旗 Atlantic Releasing Corporation
日本の旗 デラ・コーポレーション
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年3月
日本の旗 1988年12月24日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,500,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $1,884,315[1]
テンプレートを表示

ザ・コップ』(原題:Cop)は、1988年制作のアメリカ合衆国サスペンススリラー映画ジェイムズ・エルロイによるロサンゼルス市警察刑事ロイド・ホプキンス・シリーズ第1作の小説『血まみれの月』(Blood on the Moon、1984年)の映画化作品である。

あらすじ[編集]

ロサンゼルス市警察の刑事ロイド・ホプキンスは、密告電話をもとにあるアパートで女性の惨殺死体を発見する。現場に残されていた詩集を手がかりに捜査を進めると、過去15年間に起きた未解決の連続女性殺人事件との関連性が浮かび上がってくる。

その詩集の作者キャスリン・マッカーシーを訪ねたホプキンスは、彼女の身に過去に起きたある忌わしい事件から犯人と思しき人物に目星を付けるが、強引な捜査手法に加えて、重要な証人を誤射で殺してしまい、さらに自分とある娼婦との情事の写真が署長のもとに送られてきたことから、停職処分となってしまう。

しかし、ホプキンスはそれを振り切って単身この事件に食らいつき、ついに犯人と対峙する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
テレビ朝日
ロイド・ホプキンス ジェームズ・ウッズ 野沢那智
キャスリン・マッカーシー レスリー・アン・ウォーレン 横尾まり
ダッチ・ペルツ チャールズ・ダーニング 大平透
ヘインズ チャールズ・ヘイド 飯塚昭三
ギャフニー署長 レイモンド・J・バリー 家弓家正
ジョーニー ランディ・ブルックス 小宮和枝
ロバート・フランコ スティーヴン・ランバート 若本規夫
バードマン デニス・スチュワート 大塚芳忠
ギブス クリストファー・ウィン 山口健
その他 榊原良子
さとうあい
二又一成
山田栄子
中田和宏
滝沢ロコ
広瀬正志
演出 左近允洋
翻訳 宇津木道子
調整 飯塚秀保
効果 PAG
東上別府精
プロデューサー 猪谷敬二
解説 淀川長治
制作 グロービジョン
初回放送 1989年11月19日
日曜洋画劇場

脚注[編集]

外部リンク[編集]