ザルジス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザルジス
جرجيس
ザルジスの位置(チュニジア内)
ザルジス
ザルジス
座標: 北緯33度30分 東経11度7分 / 北緯33.500度 東経11.117度 / 33.500; 11.117
チュニジア
メドニン県
人口 (2004年)
 - 計 70,859人
等時帯 CET (UTC+1)
 - 夏時間 CEST (UTC+2)

ザルジス (アラビア語: جرجيس‎, Zarzīs) は、チュニジアの南東部にある海岸都市であり、地中海に面する。主に晴れて乾燥しており、古く伝統的な人気観光地となっている。主要港でもあり、経済活動公園の本拠地ともなっている。戦略的に重要な港であり、フェニキア人、ローマ人、アラブ人の領地であった。

Zarzis May 07.JPG
ResidenceSoltanaZarzis.JPG

歴史[編集]

「Gergis」として知られる都市は、Syrtiqueの西端にあり、メニンクス島(現在のジェルバ島)からも遠くなかった。Stadiasmeによれば、町にはがあり、廃墟ではあるが未だに現存するで、旧名は「Zarzis now」と発音される。この町は、古代ユダヤ人作家によると、その起源は恐らくヨシュアの時代にカナンを去り、北アフリカに定住したGergesilesにある。

地理[編集]

ザルジスは、町の名前が冠せられた東部半島の南端に位置しており、長い海岸線を持っている。様々な景観が、非常に多様な気候条件を反映させている。

出典[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ザルジスに関するメディアがあります。