ザモシチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Zamość
市庁舎と広場


紋章
Zamośćの位置(ポーランド内)
Zamość
Zamość
座標: 北緯50度43分14秒 東経23度15分31秒 / 北緯50.72056度 東経23.25861度 / 50.72056; 23.25861
ポーランドの旗 ポーランド
ルブリン県
郡と同格の都市
ザモシチ
成立 1580年
市制 1580年
行政
 - 市長 アンドレイ・マチェイ・ウヌク
pl:Andrzej Maciej Wnuk (2014年当選)
面積
 - 総面積 30.34km2 (11.7mi2)
標高 212m (696ft)
人口 (2017年1月1日[2])
 - 総人口 6万4,648人
 都市圏 [1]14万0,274人
等時帯 CET (UTC+1)
 - 夏時間 CEST (UTC+2)
郵便番号 22-400 – 22-410
市外局番 +48 084
車両登録 LZ
ウェブサイト http://www.zamosc.pl
世界遺産 ザモシチ旧市街
ポーランド
ザモシチ旧市街のメイン・マーケットの風景
ザモシチ旧市街のメイン・マーケットの風景
英名 Old City of Zamość
仏名 Vieille ville de Zamość
登録区分 文化遺産
登録基準 (4)
登録年 1992年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

ザモシチポーランド語: Zamość ザーモシチ)はポーランド南東部・ルブリン県の、郡と同格の都市である。郡都ルブリンから90km、ワルシャワから247kmで、ウクライナ国境まで60kmである。市街地から約20km離れた場所にロストチェ国民公園英語版が位置する。 「ザモシチ旧市街」は、1992年ユネスコ世界遺産に登録された。

歴史[編集]

ザモシチは、1580年に、ポーランド・リトアニア共和国を構成するポーランド王国宰相大法官)にして、陸軍ポーランド語版の最高司令官でもあったヤン・ザモイスキが建設した町である。西ヨーロッパ北ヨーロッパ黒海を結ぶ結節点にあり、ヨーロッパ各地にバロック建築が流行し始めた時代に、イタリアパドゥア出身の建築家であるベルナルド・モランドが建築を指示した後期ルネサンス建築が完璧な姿で残っている。ザモシチは、町時代が大砲が使われ始めた時代を背景に、函館市五稜郭に似た死角のない要塞都市でもあった。

2010年当時のザモシチ市長マルチン・ザモイスキポーランド語版(1947年生まれ)は旧マグナート(大貴族)の出身で、その父ヤン・トマツ・ザモイスキはザモシチ最後の第16代オルディナト(大領主)、第二次世界大戦時はポーランド国内軍の戦士でポーランド民主化後はセナト(上院)議員を務めた名士である。ザモイスキ家の初代は前出の16世紀ポーランドの名宰相かつ大将軍であった。マルチンはその直系子孫、中東欧で最も高貴な家の一つのザモイスキ本家当主長男という生まれでありながら、ワルシャワ大学ルブリンカトリック大学で学位を取得したのち、カナダに渡ると一般の出稼ぎ労働者に混じって運転手として働き、その後はワルシャワに戻るとポーランド通信社の報道撮影監督大道具係を18年間務めたという風変わりな経歴を持つ。1990年から1992年にかけてと、2002年より2014年までの2度にわたり市長職に就いている。無所属であるが、国政与党市民プラットフォームより推薦を受けていた。氏はポーランド共和国全国世界遺産連合会の会長でもあった。

世界遺産[編集]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

ユネスコの説明によると、同年12月7日から14日にかけて第16回世界遺産委員会通常会合がアメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ市で開催され、次のように決定した[3]

中央ヨーロッパのザモシチ市はイタリアで博学者レオン・バッティスタ・アルベルティが提唱した、「理想都市」の構想に基づく特徴あるルネッサンス期の都市であり、依頼主のヤン・ザモイスキの理解と、委嘱されたイタリアの建築家ベルナルド・モランドの力量という完璧な組み合わせで結実した「計画都市」である。ルネサンスの思想に忠実にしたがい、居住空間と城砦という2つの側面を融合させた点で傑出している。均質な様式の、建築と景観の両面で高い価値を備えた都市が成立した。芸術的な建築が生まれ、地域の創造性を高めたことこそ、偉大な建築がもたらした真の資産である。

建築[編集]

地理[編集]

気候[編集]

ケッペンの気候区分では最暖月が22℃以上の「湿潤大陸性気候」(Dfb) に属する[4]

ポーランド、ゼモシチの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) −1
(31)
0
(32)
6
(43)
12
(53)
18
(64)
21
(69)
22
(71)
22
(71)
18
(64)
12
(53)
5
(41)
1
(34)
11
(52)
平均最低気温 °C (°F) −6
(22)
−6
(22)
−1
(30)
3
(37)
7
(45)
11
(51)
12
(54)
12
(53)
8
(47)
4
(39)
0
(32)
−3
(26)
3
(38)
降水量 mm (inch) 28
(1.1)
28
(1.1)
30
(1.2)
41
(1.6)
64
(2.5)
79
(3.1)
79
(3.1)
71
(2.8)
50
(2)
36
(1.4)
41
(1.6)
36
(1.4)
589
(23.2)
出典: Weatherbase [5]

ゆかりの人々[編集]

ザモシチ出身者[編集]

生年順

座標: 北緯50度43分14秒 東経23度15分31秒 / 北緯50.72056度 東経23.25861度 / 50.72056; 23.25861

姉妹都市[編集]

世界遺産都市同士との提携のほか、ザモシチの姉妹都市は以下のとおりである(提携年順) [8]

友好都市

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 都市圏の人口は2006年の統計による。
  2. ^ 2017年1月1日現在の面積、人口および人口密度(同年07月27日の修正値)” (ポーランド語). 2017年9月25日閲覧。
  3. ^ Old City of Zamość [古都サモシチ]”. UNESCO 世界遺産センター (2009年9月23日). 2011年9月15日閲覧。
  4. ^ Climate Summary for Zamość [ゼモシチの気候概要]”. 2013年5月10日閲覧。
  5. ^ Weatherbase.com”. Weatherbase (2013年). May 10, 2013.閲覧。
  6. ^ 井出万秀「ユダヤ人における言語に対する意識の変遷」、『ドイツ文学』第117巻、日本独文学会、2005年、 81頁、 doi:10.11282/jgg.117.0_72ISSN 038728312017年5月6日閲覧。
  7. ^ 2004年夏季オリンピック陸上1500メートル” (英語). 国際陸上競技連盟. 2018年5月6日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i パートナー都市 - ザモシチ” (ポーランド語). ザモシチェ市役所. 2013年7月26日閲覧。
  9. ^ シュヴェービッシュ・ハルと姉妹都市” (英語). シュヴェービッシュ・ハル市役所. 2013年7月26日閲覧。