ザック・スチュワート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザック・スチュワート
Zach Stewart
トロント・ブルージェイズ (マイナー)
Zach Stewart on September 30, 2012.jpg
レッドソックス時代(2012年9月30日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ウィチタ郡ウィチタフォールズ
生年月日 (1986-09-28) 1986年9月28日(32歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 MLBドラフト3巡目(全体84位)
初出場 MLB/ 2011年6月16日 ボルチモア・オリオールズ
KBO/ 2015年6月23日 起亜タイガース
最終出場 KBO/ 2016年10月7日 KTウィズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ザッカリー・ロバート・スチュワートZachary Robert Stewart, 1986年9月28日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ウィチタ郡ウィチタフォールズ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBトロント・ブルージェイズ傘下所属。

経歴[編集]

プロ入りとレッズ傘下時代[編集]

テキサス工科大学英語版在学時の2008年MLBドラフト3巡目(全体84位)でシンシナティ・レッズから指名され入団。この年は大学で防御率4.98と不振だったが、プロ入り後は傘下のA級デイトン・ドラゴンズとA+級サラソタ・レッズで24試合にリリーフ登板して防御率1.04を記録し、評価を上げた。

ブルージェイズ時代[編集]

2009年7月31日スコット・ローレンとのトレードで、エドウィン・エンカーナシオンジョシュ・レニキーと共にトロント・ブルージェイズへ移籍[1]。シーズンオフの「ベースボール・アメリカ」誌の有望株ランキングでは球団内で最高の評価を受けた[2]

2010年はAA級ニューハンプシャー・フィッシャーキャッツで初めてフルシーズンを先発投手として過ごした。

2011年は打者天国として知られるAAA級ラスベガス・フィフティワンズを避ける形でAA級ニューハンプシャーに残留。6月15日に不振のカイル・ドレイベックと入れ替わる形でメジャー昇格を果たし、翌日のボルチモア・オリオールズ戦でメジャー初登板(7回2失点で勝ち負けは付かず)[3]

ホワイトソックス時代[編集]

2011年7月27日にブルージェイズ、シカゴ・ホワイトソックスセントルイス・カージナルス間での三角トレードで、ジェイソン・フレイザーと共にホワイトソックスへ移籍した。

レッドソックス時代[編集]

2012年6月24日ケビン・ユーキリス、550万ドルの金銭との交換トレードで、ブレント・リリブリッジ外野手と共にボストン・レッドソックスへ移籍した[4][5]。シーズン終了後の11月20日DFAとなった。

ホワイトソックス傘下時代[編集]

2012年11月28日にトレードで、ピッツバーグ・パイレーツへ移籍した[6]後、2013年1月24日ウェイバーで古巣・ホワイトソックスへ復帰した[7]

この年はメジャー登板は無く、傘下のAAA級シャーロット・ナイツでプレーし、28試合に先発登板して6勝14敗・防御率4.25・122奪三振の成績を残した。

ブレーブス傘下時代[編集]

2014年3月10日に金銭トレードで、アトランタ・ブレーブスへ移籍した[8]。この年もメジャー登板は無く、傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ブレーブスとAAA級グウィネット・ブレーブスでプレーし、2球団合計で22試合(先発16試合)に登板して7勝5敗・防御率4.58・61奪三振の成績を残した。

エンゼルス傘下時代[編集]

2015年1月29日ロサンゼルス・エンゼルスとマイナー契約を結んだ。開幕後は傘下のAAA級ソルトレイク・ビーズでプレーした。

NCダイノス時代[編集]

2015年6月10日韓国プロ野球NCダイノスと契約を結んだ。同年はNCで8勝を記録し,年俸大幅増で2016年の再契約も結ばれた。2016年は12勝を記録したが同年限りで退団した。

オリオールズ傘下時代[編集]

2017年1月20日にオリオールズとマイナー契約を結んだ。シーズンでは開幕から傘下のAAA級ソルトレイク・ビーズでプレーしていたが、5月2日に自由契約となった[9]

独立リーグ時代[編集]

2018年3月20日独立リーグアトランティックリーグニューブリテン・ビーズ英語版と契約した[10]。11試合に先発登板して4勝3敗・防御率3.42・42奪三振の成績を残した。

ブルージェイズ傘下時代[編集]

2018年7月5日にブルージェイズとマイナー契約を結び、傘下のAAA級バッファロー・バイソンズ[11]へ配属された[9]

投球スタイル[編集]

投球の大部分を最速96mph(約154.4km/h)のシンキング・ファストボール(先発時は89~93mph)とスライダーが占めており、チェンジアップはまだ発展途上である。沈む速球でゴロを打たせる投球スタイルであったが、ゴロアウト率は年々減少傾向にある[12][13]

大学時代はリリーバーで、プロ入り後も先発とリリーフで起用方が定まっていなかった。2010年からは先発投手として起用されており、まだ目立った成績は残せていないがスカウト陣の評価は高い。球種が少ないため、先発ではなくクローザー候補として期待する声もあった。2015年6月から契約しているNCダイノスでは、先発として安定した投球を見せた[12][13]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 56(2011年 - 同年途中)
  • 48(2011年途中 - 2012年途中)
  • 47(2012年途中 - 同年終了)
  • 31(2015年 - 2016年)

脚注[編集]

  1. ^ Reds acquire Rolen for Encarnacion. ESPN(英語). 2011年6月17日閲覧
  2. ^ Rode, Nathan(2009-12-15). Toronto Blue Jays: Top 10 Prospects. Baseball America.com(英語). 2011年6月17日閲覧
  3. ^ Millson, Larry(2011-06-16). Stewart's impressive debut not enough. bluejays.com(英語). 2011年6月17日閲覧
  4. ^ Merkin, Scott. “White Sox acquire Youkilis from Red Sox”. MLB.com. 2012年6月24日閲覧。
  5. ^ Rosecrans, C. Trent. “Zach Stewart a trade piece once again”. CBS Sports. 2012年6月24日閲覧。
  6. ^ Pirates Acquire Zach Stewart MLB Trade Rumors
  7. ^ White Sox claim Zach Stewart off waivers from Pittsburgh”. MLB.com White Sox Press Release (2013年1月24日). 2014年3月11日閲覧。
  8. ^ Chris Cotillo (2014年3月10日). “Braves acquire Zach Stewart from White Sox”. MLB Daily Dish. 2014年3月11日閲覧。
  9. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2018年7月6日閲覧。
  10. ^ “Pair of Big League Arms Head to New Britain” (英語). nbbees.com. (2018年3月20日). http://nbbees.com/team/news/?article_id=849 2018年7月6日閲覧。 
  11. ^ 2013年よりブルージェイズ傘下
  12. ^ a b Germain, Mat(2011-02-26). Top 50 Jays Prospects #3 Zach Stewart. Jays Journal(英語). 2011年6月18日閲覧
  13. ^ a b Sickels, John(2011-06-16). Prospect of the Day: Zach Stewart, RHP, Toronto Blue Jays. Minor League Ball(英語). 2011年6月18日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 選手の各国通算成績 KBO