ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ自由州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ自由州
Freistaat Sachsen-Weimar-Eisenach
ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公国 1918年 - 1920年 テューリンゲン州 (1920年-1952年)
ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハの国旗
(国旗)
ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハの位置
ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ自由州
公用語 ドイツ語
首都 ヴァイマル
州首相
1919年5月20日 - 1920年5月1日 アルノルト・パウルセン
面積
1919年3,610km²
人口
1919年429,831人
変遷
ドイツ革命 1918年11月9日
州憲法成立1919年5月15日
テューリンゲン州に合邦1920年5月1日
現在ドイツの旗 ドイツ

ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ自由州 (ドイツ語: Freistaat Sachsen-Weimar-Eisenach) は、1918年ドイツ革命ザクセン大公国の君主制が廃止されて成立したドイツ国自由州である。1920年5月1日にテューリンゲン諸邦6州と合邦してテューリンゲン州となった 。

歴史[編集]

ドイツ革命を受けてヴァイマルで組織された労兵レーテの君主制廃止運動により、ヴィルヘルム・エルンスト大公は1918年11月9日に退位宣言に署名して退位した。政府機能は段階的に労兵レーテに移譲され、11月12日に労兵レーテ評議会議長アウグスト・バウデルトを州委員長とする臨時政府が発足した。

1919年3月9月に州議会選挙が行われ、5月20日にドイツ社会民主党ドイツ民主党の連立政権が発足した。ドイツ民主党からはアルノルト・パウルセン、フィリップ・キューナーおよびエミール・ポルツ、ドイツ社会民主党からはアウグスト・バウデルト、アドルフ・ヘルシェルマン、ユリウス・パルムおよびアルベルト・ルドルフが入閣した。

一方、5月15日にはドイツ民主党イェーナ支部代表で法学者でもあったエドゥアルト・ローゼンタールが起草した州憲法が州議会で可決された。この州憲法は後のテューリンゲン州憲法の叩き台にもなった。ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ自由州はテューリンゲン諸邦の合邦協議において先導的な役割を果たし、1919年6月5日の州議会では合邦への参加を賛成33・反対8で承認した。

1920年5月1日にテューリンゲン諸邦6州と合邦してテューリンゲン州となったことで、ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ自由州は主権国家としては消滅した。1920年12月9日の「移行期間における旧テューリンゲン諸邦の管理に関する法律 (Gesetz über die Verwaltung der ehemaligen thüringischen Länder in der Übergangszeit)」で州政府は地区代表と地区政府に再編され、さらに1923年4月1日には移行期間が終了して地区政府も解体された。

州議会選挙[編集]

  • 投票日:1919年3月9日
  • 定数:42
政党 得票率 獲得議席
ドイツ民主党 21.60% 10
ドイツ国家人民党 19.46% 10
ドイツ人民党 5.44% 1
ドイツ社会民主党 40.35% 16
ドイツ独立社会民主党 10.22% 5
  • 州政府:州首相アルノルト・パウルセン、閣僚アウグスト・バウデルト、 州議会議員アドルフ・ヘルシェルマン、フィリップ・キューナー、ユリウス・パルム、エミール・ポルツ、アルベルト・ルドルフ

参考文献[編集]

  • Joachim Bergmann: Die innenpolitische Entwicklung Thüringens in der Zeit von 1918 bis 1932. Europaforum-Verlag, Lauf an der Pegnitz 2001, ISBN 3-931070-27-1 (Kultur und Geschichte Thüringens 16 = 19).
  • Gregor Hermann: Der Übergangslandtag und die Gebietsvertretung von Sachsen-Weimar-Eisenach 1919–1923. In: Harald Mittelsdorf (Red.): Die vergessenen Parlamente. Landtage und Gebietsvertretungen in den Thüringer Staaten und Gebieten 1919 bis 1923. Herausgegeben vom Thüringer Landtag. Hain, Rudolstadt u. a. 2002, ISBN 3-89807-038-7 (Schriften zur Geschichte des Parlamentarismus in Thüringen 19).
  • Thomas Herntrich: Thüringen. Von den thüringischen Kleinstaaten nach Zerfall des Alten Reiches bis zum Freistaat Thüringen. Eine völkerrechtliche und verfassungsrechtliche Betrachtung (= Schriften zum internationalen und zum öffentlichen Recht. Herausgegeben von Gilbert Gornig, zugl. Diss. Marburg 2010). Peter Lang, Frankfurt am Main 2010, ISBN 978-3-631-61024-4.

外部リンク[編集]