ザウディトゥ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザウディトゥ
ዘውዲቱ
エチオピア皇帝
Ethiopia empress zauditu.jpg
在位 1916年9月27日 - 1930年4月2日
出生 1876年4月29日
ハラリ州イジェルサ・ゴロ
死去 1930年4月2日(満53歳没)
次代 ハイレ・セラシエ1世
王朝 ソロモン朝
父親 メネリク2世
宗教 エチオピア正教
テンプレートを表示

ザウディトゥ(Zaoditou, 1876年4月29日 - 1930年4月2日)は、エチオピア帝国女帝(在位:1916年 - 1930年)。

メネリク2世の娘。1916年に甥のリジ・イヤスが失脚すると実質的な皇帝として振る舞った。翌年には正式に即位、遠縁のラス・タファリ・マコンネン(後のハイレ・セラシエ1世)が摂政皇太子となって政治を行った。1928年に政治の表舞台から身を引いた。

外部リンク[編集]