サー・ガーフィールド・ソバーズ・トロフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サー・ガーフィールド・ソバーズ・トロフィー
概要
スポーツ クリケット
選考会 国際クリケット評議会(ICC)
受賞対象 世界年間最優秀選手
歴史
初回 2004年
最多受賞 オーストラリアの旗 リッキー・ポンティング
オーストラリアの旗 ミッチェル・ジョンソン
インドの旗 ヴィラット・コーリ
(2回)
最新受賞 イングランドの旗 ベン・ストークス(1回目)

サー・ガーフィールド・ソバーズ・トロフィー: Sir Garfield Sobers Trophy)は、国際クリケット評議会(ICC)が2004年に創設したクリケットの世界年間最優秀選手に贈られる賞である。

名称[編集]

西インド諸島代表の伝説的選手であったガーフィールド・ソバーズにちなんで名付けられた。

歴代受賞者[編集]

年度 受賞者 チーム
2004 ラーフル・ドラヴィド[1] インドの旗 インド
2005 ジャック・カリス[2] 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
アンドリュー・フリントフ[3][4] イングランドの旗 イングランド
2006 リッキー・ポンティング[5] オーストラリアの旗 オーストラリア
2007 リッキー・ポンティング[6][7] オーストラリアの旗 オーストラリア
2008 シブナリーン・チャンダーポール [8] 西インド諸島の旗 西インド諸島
2009 ミッチェル・ジョンソン[9][10] オーストラリアの旗 オーストラリア
2010 サチン・テンドルカール[11][12][13] インドの旗 インド
2011 ジョナサン・トロット[14][15] イングランドの旗 イングランド
2012 クマール・サンガッカラ[16][17] スリランカの旗 スリランカ
2013 マイケル・クラーク [18] オーストラリアの旗 オーストラリア
2014 ミッチェル・ジョンソン[19] オーストラリアの旗 オーストラリア
2015 スティーブ・スミス[20] オーストラリアの旗 オーストラリア
2016 ラヴィチャンドラン・アシュウィン[21] インドの旗 インド
2017 ヴィラット・コーリ[22] インドの旗 インド
2018 ヴィラット・コーリ[23] インドの旗 インド
2019 ベン・ストークス[24] イングランドの旗 イングランド

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Beltrane, Stephanie (2004年9月7日). “Rahul Dravid wins the Sir Garfield Sobers Trophy as Player of the Year at ICC Awards”. ESPNcricinfo. 2018年9月23日閲覧。
  2. ^ Kallis and Flintoff share top award”. ESPNcricinfo (2005年10月11日). 2018年9月23日閲覧。
  3. ^ Flintoff nominated for ICC awards”. BBC Sport (2005年9月14日). 2018年9月23日閲覧。
  4. ^ Nominees for ICC awards 2005”. Rediff.com (2005年9月15日). 2018年9月23日閲覧。
  5. ^ Fitzgerald, James (2006年11月3日). “Ricky Ponting wins Sir Garfield Sobers Trophy for ICC Player of the Year”. ESPNcricinfo. 2018年9月23日閲覧。
  6. ^ Fitzgerald, James (2007年9月10日). “Ricky Ponting wins Sir Garfield Sobers Trophy for ICC Cricketer of the Year”. ESPNcricinfo. 2018年9月23日閲覧。
  7. ^ Fitzgerald, James (2007年8月28日). “Ponting and Jayawardena head nominees for 2007 ICC Awards”. ESPNcricinfo. 2018年9月24日閲覧。
  8. ^ Chanderpaul is ICC Cricketer of Year”. ESPNcricinfo (2008年9月10日). 2018年9月23日閲覧。
  9. ^ Johnson is ICC Cricketer of the Year”. ESPN (2009年10月1日). 2018年9月23日閲覧。
  10. ^ LG ICC Awards 2009”. Cricfield.com. 2009年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月24日閲覧。
  11. ^ Vijaya Kumar, K. C. (2010年10月7日). “Sachin wins Sir Garfield Sobers Award”. The Hindu. 2018年9月23日閲覧。
  12. ^ Graeme Swann nominated for ICC Cricketer of Year award”. BBC Sport (2010年9月20日). 2018年9月24日閲覧。
  13. ^ Tendulkar, Sehwag, Dhoni in ICC Awards shortlist”. Rediff.com (2010年8月18日). 2018年9月24日閲覧。
  14. ^ Jonathan Trott is ICC Cricketer of the Year”. ESPNcricinfo (2011年9月12日). 2018年9月23日閲覧。
  15. ^ Eight England internationals in running for ICC Cricketer of the Year award”. The Daily Telegraph (2011年8月10日). 2018年9月24日閲覧。
  16. ^ Sangakkara wins big at ICC awards”. ESPNcricinfo (2012年9月15日). 2018年9月23日閲覧。
  17. ^ Cook named on ICC nomination list”. Eurosport (2012年8月13日). 2018年9月25日閲覧。
  18. ^ Michael Clarke named ICC player of the year”. Australian Broadcasting Corporation (2013年12月13日). 2018年9月23日閲覧。
  19. ^ ICC awards: Mitchell Johnson wins top two accolades”. BBC Sport (2014年11月14日). 2018年9月23日閲覧。
  20. ^ ICC awards: Steve Smith wins cricketer and Test cricketer award”. BBC Sport (2015年12月23日). 2018年9月23日閲覧。
  21. ^ Ashwin receives Sir Garfield Sobers Trophy”. The Times of India (2017年3月28日). 2018年9月23日閲覧。
  22. ^ Kohli and Smith win big at ICC awards”. ESPNcricinfo (2018年1月18日). 2018年9月23日閲覧。
  23. ^ Kohli creates history, wins all ICC awards”. NDTV Sports (2019年1月22日). 2019年1月22日閲覧。
  24. ^ ICC awards: Ben Stokes named player of the year”. ESPNcricinfo (2020年1月15日). 2020年1月15日閲覧。