サーリフ・ムハンマド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サーリフ・ムハンマド
ناصر الدين محمد بن ططر
ブルジー・マムルーク朝第8代スルターン
在位 1421年 - 1422年

出生 1411年
王朝 ブルジー・マムルーク朝
テンプレートを表示

サーリフ・ムハンマド1411年 - ?)は、エジプトを支配したブルジー・マムルーク朝の第8代スルタン(在位:1421年 - 1422年)。

生涯[編集]

第7代スルタン・ザーヒル・タタールの子。1421年に父が暗殺されたため、わずか11歳で即位する[1]。幼年のためにジャーニー・ベイ摂政として補佐したが、1422年にマムルークの支持を得たアシュラフ・バルスバーイによる反乱でジャーニー・ベイと共に地位を追われた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 大原、p. 94

参考文献[編集]

  • 大原与一郎 『エジプト マムルーク王朝』 近藤出版社、1976年