サーファー・ガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サーファー・ガール
ザ・ビーチ・ボーイズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1963年6月12日, 7月16日
ジャンル サーフ・ロック
時間
レーベル キャピトル・レコード
プロデュース ブライアン・ウィルソン
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 3of5.svg link
ザ・ビーチ・ボーイズ 年表
サーフィン・U.S.A.
(1963年)
サーファー・ガール
(1963年)
リトル・デュース・クーペ
(1963年)
テンプレートを表示

サーファー・ガール(Surfer Girl)は、1963年にリリースされたザ・ビーチ・ボーイズのアルバム。ブライアン・ウィルソンがプロデューサーとしてクレジットされた最初のアルバム。

本作からブライアンは外部のセッション・ミュージシャンを多用することとなっていく。

ジャケット写真はサーフボードを抱えるメンバー(左からデニス・ウィルソン、デヴィッド・マークス、カール・ウィルソン、マイク・ラヴ、ブライアン・ウィルソン)。デビュー・アルバムの『サーフィン・サファリ』にも使用された1962年のフォト・セッションでの写真。

「サウス・ベイ・サーファー」にはアル・ジャーディンがクレジットされるが、彼は1963年に公演旅行に疲労したブライアンの代わりに再加入した。したがってデヴィッド・マークスとアル・ジャーディンの両名が共に短期間グループに在籍することとなった。

曲目[ソースを編集]

  1. サーファー・ガール - Surfer Girl (Brian Wilson)
    演奏時間:2'26"、リード・ヴォーカル:ブライアン・ウィルソン
  2. キャッチ・ア・ウェイヴ - Catch A Wave (Brian Wilson/ Mike Love)
    演奏時間:2'07"、リード・ヴォーカル:マイク・ラブ、ブライアン・ウィルソン
  3. サーファー・ムーン - The Surfer Moon (Brian Wilson)
    演奏時間:2'11"、リード・ヴォーカル:ブライアン・ウィルソン
  4. サウス・ベイ・サーファー - South Bay Surfer (Brian Wilson/ Carl Wilson/ Al Jardine)
    演奏時間:1'45"、リード・ヴォーカル:マイク・ラブ、ブライアン・ウィルソン
  5. ロッキング・サーファー - The Rocking Surfer (Trad. Arr. Brian Wilson) ※インストゥルメンタル
    演奏時間:2'00"
  6. リトル・デュース・クーペ - Little Deuce Coupe (Brian Wilson/Roger Christian)
    演奏時間:1'38"、リード・ヴォーカル:マイク・ラブ
  7. イン・マイ・ルーム - In My Room (Brian Wilson/ Gary Usher)
    演奏時間:2'11"、リード・ヴォーカル:ブライアン・ウィルソン
  8. 夢のハワイ - Hawaii (Brian Wilson/Mike Love)
    演奏時間:1'59"、リード・ヴォーカル:マイク・ラブ、ブライアン・ウィルソン
  9. サーファーズ・ルール - Surfers Rule (Brian Wilson/Mike Love)
    演奏時間:1'54"、リード・ヴォーカル:デニス・ウィルソン、ブライアン・ウィルソン
  10. 僕らのカークラブ - Our Car Club (Brian Wilson/Mike Love)
    演奏時間:2:22"、リード・ヴォーカル:マイク・ラブ、ブライアン・ウィルソン
  11. ユア・サマー・ドリーム - Your Summer Dream (Brian Wilson/Bob Norberg)
    演奏時間:2'27"、リード・ヴォーカル:ブライアン・ウィルソン
  12. ブギ・ウディ - Boogie Woodie (Trad. Arr. Brian Wilson) ※インストゥルメンタル
    演奏時間:1'56"

ボーナス・トラック

  1. イン・マイ・ルーム(ドイツ語版) - In My Room
  2. アイ・ドゥ - I Do

外部リンク[ソースを編集]