サーニャ・リチャーズ=ロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サーニャ・リチャーズ Portal:陸上競技
Sanya Richards with US flag Berlin 2009.JPG
2009年ベルリン世界陸上
選手情報
フルネーム サーニャ・リチャーズ=ロス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 短距離走
生年月日 1985年2月25日(29歳)
生誕地 ジャマイカキングストン
居住地 テキサス州オースティン
身長 173cm
体重 61kg
自己ベスト
100m 10秒97 (2007年)
200m 22秒09 (2012年)
400m 48秒70 (2006年)
 
獲得メダル
女子 陸上競技
オリンピック
2004 アテネ 4×400mリレー
2008 北京 400 m
2008 北京 4×400mリレー
2012 ロンドン 400 m
2012 ロンドン 4×400mリレー
世界陸上選手権
2003 パリ 4×400mリレー
2005 ヘルシンキ 400 m
2007 大阪 4×400mリレー
2009 ベルリン 400m
2009 ベルリン 4×400mリレー
2011 テグ 4×400mリレー
編集 テンプレートのヘルプを表示する

サーニャ・リチャーズ=ロス(Sanya Richards-Ross、1985年2月26日 - )は、アメリカ合衆国の陸上競技選手。2004年アテネ、2008年北京オリンピックの金メダリストである。ジャマイカ出身。

経歴[編集]

リチャーズは、400mを得意とするアメリカの女子短距離選手である。12歳のときにジャマイカからアメリカに移住。フロリダ州のフォートローダーデールハイスクール在学時は陸上競技だけではなくバスケットボールの選手としても活躍していた。2002年5月にアメリカの市民権を取得。2003年のパリで開催された世界選手権では、アメリカ代表として4×400mリレーで金メダルを獲得した。

翌年の2004年のアテネオリンピックでも400mと4×400mリレーに出場。400mでは6位にとどまったものの、ディーディー・トロッターモニーク・ヘンダーソンモニーク・ヘンナガンと組んで出場したリレーでは金メダルを獲得[1]。さらに2005年のヘルシンキの世界選手権では400mの個人種目で銀メダルを獲得した。

リチャーズは、2006年にテキサス大学オースティン校を卒業。同年は、IAAFゴールデンリーグの400mで6戦全勝を果たし、ジェレミー・ウォリナーアサファ・パウエルとともに、25万ドルを獲得した。また400mで、バレリー・ブリスコ・フックスが1984年ロサンゼルスオリンピックのときに樹立した48秒83のアメリカ記録を22年ぶりに更新する48秒70をマーク、この年のアスリートオブ・ザ・イヤーに輝いた。

2007年の大阪で開催された世界選手権では、病気のため得意の400mで代表落ちとなったが、4×400mリレーで金メダルを獲得。

2008年北京オリンピックでは、400mの優勝候補最右翼として臨み、予選、準決勝ともトップのタイムで決勝進出を果たしたが、決勝では前半から積極的にレースを引っ張ったものの、最後の直線でイギリスクリスティーン・オールグー、ジャマイカのシェリカ・ウィリアムズに追い抜かれ銅メダルに終わった[1]。しかし、4×400mリレーでは、メアリー・ワインバーグアリソン・フェリックス、モニーク・ヘンダーソンとともにロシア、ジャマイカらをおさえ、リチャーズは2大会連続の金メダルを手にした[1]。2009年ベルリン世界選手権では400mと4×400mリレーの2種目で優勝した。

リチャーズは、2007年に大学の先輩で2003年から付き合っていたNFLニューヨーク・ジャイアンツアーロン・ロスと婚約した。2010年2月に結婚式を行った。

2009年には、2度目となるアスリートオブ・ザ・イヤーに輝いた。

2012年のロンドンオリンピックでも400mで49秒55の成績で金メダルを獲得した[2]。1600mリレーでもアンカーを任され金メダルを獲得した[3]200mでは5位となっている[4]

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
2002 世界ジュニア陸上選手権 キングストン(ジャマイカ) 200m 3位 23秒09
2002 世界ジュニア陸上選手権 キングストン(ジャマイカ) 400m 2位 51秒49
2003 世界陸上選手権 パリ(フランス) 400m 4位(sf) 51秒32
2003 世界陸上選手権 パリ(フランス) 4×400mリレー 1位 3分22秒63
2004 オリンピック アテネ(ギリシャ) 400m 6位 50秒19
2004 オリンピック アテネ(ギリシャ) 4×400mリレー 1位 3分19秒01
2005 世界陸上選手権 ヘルシンキ(フィンランド) 400m 2位 49秒74
2005 IAAFワールドアスレチックファイナル モンテカルロ(モナコ) 400m 1位 49秒52
2006 IAAFワールドアスレチックファイナル シュトゥットガルト(ドイツ) 200m 2位 22秒17
2006 IAAFワールドアスレチックファイナル シュトゥットガルト(ドイツ) 400m 1位 49秒25
2006 IAAFワールドカップ アテネ(ギリシャ) 200m 1位 22秒23
2006 IAAFワールドカップ アテネ(ギリシャ) 400m 1位 48秒70
2007 世界陸上選手権 大阪(日本) 200m 5位 22秒70
2007 世界陸上選手権 大阪(日本) 4×400mリレー 1位 3分18秒55
2007 IAAFワールドアスレチックファイナル シュトゥットガルト(ドイツ) 400m 1位 49秒27
2008 オリンピック 北京(中国) 400m 3位 49秒93
2008 オリンピック 北京(中国) 4×400mリレー 1位 3分18秒54
2008 IAAFワールドアスレチックファイナル シュトゥットガルト(ドイツ) 200m 1位 22秒50
2008 IAAFワールドアスレチックファイナル シュトゥットガルト(ドイツ) 400m 1位 50秒41
2009 世界陸上選手権 ベルリン(ドイツ) 400m 1位 49秒00
2009 世界陸上選手権 ベルリン(ドイツ) 4×400mリレー 1位 3分17秒83
2009 IAAFワールドアスレチックファイナル テッサロニキ(ギリシャ) 200m 2位 22秒29
2009 IAAFワールドアスレチックファイナル テッサロニキ(ギリシャ) 400m 1位 49秒95
2011 世界陸上選手権 テグ(韓国) 400m 7位 51秒32
2011 世界陸上選手権 テグ(韓国) 4×400m 1位 3分17秒83
2012 オリンピック ロンドン(イギリス) 400m 1位 49秒55
2012 オリンピック ロンドン(イギリス) 4×400m 1位 3分16秒87
  • sfは準決勝

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c ジャガーズ、DBロスに愛妻出場の五輪観戦を許可”. NFL JAPAN (2012年4月19日). 2012年4月19日閲覧。
  2. ^ DBロスの妻がロンドン五輪で金メダル”. NFL JAPAN (2012年8月6日). 2012年8月6日閲覧。
  3. ^ DBロスの妻、ロンドン五輪で2個目の金メダル”. NFL JAPAN (2012年8月12日). 2012年8月22日閲覧。
  4. ^ ジャガーズDBロスの妻、ロンドン五輪で2冠ならず”. NFL JAPAN (2012年8月9日). 2012年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]