サード・パーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サード・パーソン
Third Person
監督 ポール・ハギス
脚本 ポール・ハギス
製作 マイケル・ノジック
ポール・ブルールズ
ポール・ハギス
出演者 リーアム・ニーソン
ミラ・クニス
エイドリアン・ブロディ
オリヴィア・ワイルド
ジェームズ・フランコ
キム・ベイシンガー
音楽 ダリオ・マリアネッリ
撮影 ジャンフィリッポ・コルティチェッリ
編集 ジョー・フランシス
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
日本の旗 東京テアトル/プレシディオ
公開 日本の旗 2013年9月9日 (東京国際映画祭)
アメリカ合衆国の旗 日本の旗 2014年6月20日
上映時間 138分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
ベルギーの旗 ベルギー
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
イタリア語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $1,021,398[1]
テンプレートを表示

サード・パーソン』(Third Person)は、2013年イギリスアメリカ合衆国ドイツベルギー合作のドラマ映画。 ニューヨークパリローマの3都市を舞台に、3組の男女が真実の愛を求めてもがく姿を描いた群像劇である[2]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

マイケル
演 - リーアム・ニーソン、日本語吹替 - 津嘉山正種
小説家。スランプ中。息子を自らの不注意で亡くした過去を持つ。
ジュリア
演 - ミラ・クニス、日本語吹替 - 櫻井智
ホテルの客室係。元女優。息子を事故で死なせかけた罪を問われた過去を持つ。
リック
演 - ジェームズ・フランコ、日本語吹替 - 内田夕夜
ニューヨークのアーティスト。ジュリアの元夫。息子を引き取って恋人サムと育てている。
スコット
演 - エイドリアン・ブロディ、日本語吹替 - 宮本充
ビジネスマン。未発表のファッションデザインを不正に入手して売っている。娘を自らの不注意で亡くした過去を持つ。
アンナ
演 - オリヴィア・ワイルド、日本語吹替 - 田中敦子
若手女流作家。マイケルの恋人。他に秘密の恋人「ダニエル」がいる。
モニカ
演 - モラン・アティアス、日本語吹替 - 本田貴子
ロマ族の女。幼い娘を密航船から引き取る金を必要としている。ローマのバーでスコットと出会う。
テレサ
演 - マリア・ベロ
離婚弁護士。息子との面会権を望むジュリアの弁護を担当。スコットの元妻。
エレイン
演 - キム・ベイシンガー、日本語吹替 - 高島雅羅
マイケルの妻。プール恐怖症。
サム
演 - ローン・シャバノル
リックと同棲中の女性。リックの息子を我が子のように慈しむ。
マルコ
演 - リッカルド・スカマルチョ
ローマのバー・アメリカーノの店員。英語が話せない振りをする。
 
備考

参考文献[編集]

  1. ^ Third Person (2014)” (英語). Box Office Mojo. 2015年7月5日閲覧。
  2. ^ サード・パーソン”. WOWOW. 2015年6月21日閲覧。

外部リンク[編集]