サーティーン (ティーンエイジ・ファンクラブのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サーティーン
ティーンエイジ・ファンクラブスタジオ・アルバム
リリース 1993年10月
録音 グラスゴー Cava Sound Workshops
チェシャー チードル・ハルム Revolution Studios
ジャンル オルタナティヴ・ロックインディー・ロックパワー・ポップ
時間 69分32秒(日本盤)
レーベル イギリスの旗クリエイション・レコーズ
アメリカ合衆国の旗DGCレコード英語版
プロデュース ティーンエイジ・ファンクラブ、アンディ・マクファーソン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 14位(イギリス[1]
  • 43位(スウェーデン[2]
ティーンエイジ・ファンクラブ 年表
バンドワゴネスク
(1991年)
サーティーン
(1993年)
ディープ・フライド・ファンクラブ
(1995年)
テンプレートを表示

サーティーン』(Thirteen)は、イギリスオルタナティヴ・ロックバンドティーンエイジ・ファンクラブ1993年に発表した3作目のスタジオ・アルバム

解説[編集]

本作に先行してリリースされたシングル「ラジオ」は全英シングルチャートで31位、「ノーマン3」は50位に達した[3]。そして、本作は全英アルバムチャートで14位に達し、自身初のトップ20入りを果たした[1]

アメリカでは前作『バンドワゴネスク』(1991年)に続くBillboard 200入りは果たせなかったが、『ビルボード』のヒートシーカーズでは19位を記録している[4]

日本盤ボーナス・トラックのうち「ドンズ・ゴーン・コロンビア」「コーズ・オブ・フェーム」「ウィアード・ホーセズ」はシングル「ラジオ」のカップリング曲である[5]。また、「ジニアス・エンヴィ」「ゴールデン・グレーズ」「オールダー・ガイズ」はシングル「ノーマン3」のカップリング曲[6]

1994年、ブレンダン・オヘアがバンドを脱退[7]。結果的には本作がオヘア在籍時最後のスタジオ・アルバムとなった。

収録曲[編集]

  1. ハング・オン - "Hang On" (Gerard Love) - 5:06
  2. キャベツ - "The Cabbage" (Norman Blake) - 2:56
  3. ラジオ - "Radio" (G. Love) - 2:55
  4. ノーマン3 - "Norman 3" (N. Blake) - 4:36
  5. ソング・トゥ・ザ・シニック - "Song to the Cynic" (G. Love) - 3:35
  6. 120 MINS - "120 Mins" (Raymond McGinley) - 3:07
  7. エッシャー - "Escher" (R. McGinley) - 3:19
  8. コマーシャル・オルターナティヴ - "Commercial Alternative" (N. Blake) - 2:39
  9. フィアー・オブ・フライング - "Fear of Flying" (G. Love) - 5:25
  10. ティアーズ・アー・クール - "Tears Are Cool" (R. McGinley) - 3:48
  11. レット・リヴ・デッド - "Ret Liv Dead" (N. Blake) - 2:09
  12. ゲット・ファンキー - "Get Funky" (Brendan O'Hare) - 1:22
  13. ジーン・クラーク - "Gene Clark" (G. Love) - 6:38

日本盤ボーナス・トラック[編集]

  1. ジニアス・エンヴィ - "Genius Envy" (R. McGinley) - 2:56
  2. ドンズ・ゴーン・コロンビア - "Don's Gone Columbia" (B. O'Hare) - 1:31
  3. コーズ・オブ・フェーム - "Chords of Fame" (Phil Ochs) - 3:33
  4. ウィアード・ホーセズ - "Weird Horses" (R. McGinley) - 4:21
  5. ゴールデン・グレーズ - "Golden Glades" (B. O'Hare) - 4:28
  6. オールダー・ガイズ - "Older Guys" (Gram Parsons) - 2:42

参加ミュージシャン[編集]

  • ノーマン・ブレイク - ボーカルギター
  • レイモンド・マッギンリー - ボーカル、ギター
  • ジェラード・ラヴ - ボーカル、ベース
  • ブレンダン・オヘア - ドラムス

ゲスト・ミュージシャン

脚注[編集]