サーターラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朝日に染まるサーターラー

サーターラーマラーティー語:सातारा, ヒンディー語:सतारा, 英語:Satara)は、インドマハーラーシュトラ州サーターラー県の都市。かつてはマラーター王国の首都であった。

名称[編集]

都市名の由来に関しては2つの説があり、一つは単純にバフマニー朝の君主が建てた城の壁が17面(サーターラー)であったこと、もう一つはマーラーティー語で7を意味するサート(Saat सात)と丘を意味するターラー(Tara तारा)でサーターラーとなったとする説がある。

歴史[編集]

サーターラーを攻撃するアウラングゼーブサーターラー包囲戦

古くはデカン地方を支配したラーシュトラクータ朝の支配下にあった。

1296年デリー・スルターン朝の支配下になり、その後は バフマニー朝、およびその分枝たるビジャープル王国のもとで栄えた。

1663年マラーターの指導者シヴァージーに攻略された。その後、シヴァージーは1674年マラーター王国を建国した。

その後、1699年シェンジを捨てて逃げたラージャーラームによって王都に定められたが、1700年に皇帝アウラングゼーブによって攻略された(サーターラー包囲戦)。

1706年、マラーター王国はサーターラーを取り戻し、1708年シャーフーが王座に付いたのちは、王都として発展を遂げた。

1818年、マラーター王国はイギリス保護下のサーターラー藩王国となり、サーターラーはその首都としてあり続けたが、1848年に藩王が死ぬとイギリス直轄領となった。

1940年代、インド独立運動がさかんとなると、サーターラーは独立運動家の拠点の一つとなった。

地理[編集]

サーターラーは北緯17度41分 東経73度59分 / 北緯17.68度 東経73.98度 / 17.68; 73.98に位置している[1]

近郊都市[編集]

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]