サーサーン朝の王の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サーサーン帝国のシャーハーンシャーは広大な領土を支配した。その広さは西のトルコロードスから東のパキスタンにまたがり、現代のコーカサスイエメンアラブ首長国連邦オマーンエジプトイスラエルレバノンシリアヨルダン中央アジアの領土も含まれていた。

サーサーン朝君主の一覧
過去の君主
Derafsh Kaviani flag of the late Sassanid Empire.svg
初代 アルダシール1世 (224–242)
最終代 ヤズデギルド3世 (632–651)
始まり 224年4月8日
終わり 651年

サーサーン帝国は、400年以上隣接する東ローマ帝国と並んで、世界の主要国家の1つとして認識された。[1][2][3][4]サーサーン朝は、224年にアルダシール1世で始まり、651年にヤズデギルド3世で終わった。[5]

称号[編集]

サーサーン帝国の創設者であるアルダシール1世(224–242)は、「シャーハーンシャー」を称号にしました。アルダシール1世の後継者であるシャープール1世(240/42–270/72)は、Ka'ba-ye Zartoshtの碑文で正確に称号とした。 その中で、シャープール1世は異なる称号でサーサーン朝の前任者の4人を「重要性の昇順」と命名し、「主」をササンに、「王」をパパグに、「イランの王の王」および「イラン人と非イラン人の王」をアルダシール1世に。[6]「イランの王と非イランの王」という称号は、シャプール1世の単一の銀貨にも見られます。これは、ローマ人に対する勝利と非イランの土地のサーサーンの領土への編入後に称号が導入されたことを示す。 この称号は後に、サーサーン朝のすべての王のコインで使用された。[7]

シャーハーンシャー[編集]

ササン帝国の君主はシャーハーンシャー(王の王)であり、単にシャー(王)としても知られていました。 彼の健康と福祉は常に重要であり、「あなたが不滅であるように」というフレーズが彼に返事をするために使われました。6世紀以降に現れたサーサーン帝国のコインを見ると、月と太陽が目立ちます。 イランの歴史家Touraj Daryaeeの言葉によると、月と太陽は、「王が世界の中心にあり、太陽と月が彼の周りを回転していたことを示唆しています。実際、彼は四隅の王でした」 [8]王はローマ人トルコ人中国人など他のすべての支配者を自分の下にいると見ました。王はカラフルな服、化粧、重い王冠を身に着け、 初期のサーサーン王たちは自分自身をの子孫であると考え、自分たちを「湾」(神)と呼びました。[9]

王が宣伝に行ったとき、カーテンの後ろに隠れて、部下が待っていた。[8]その任務は大衆を王から遠ざけ、道を明確にすることでした。[10]王に来たとき、彼は彼の前でひれ伏さなければなりませんでした。 王は、pushtigbanとして知られる王室の警備員のグループに守られていた。他の場面では、王はダリガンという宮殿の警備員のグループによって保護されていた。 これらのグループはどちらもサーサーン帝国の王室から入隊し、[10] 王の安全を担当し、王の宮殿の入り口を制御し、訪問者を王に差し出したハザードの指揮下にあり、 軍事指揮権の付与または交渉での使用が許可されました。 場合によっては、ハザードは王室の死刑執行人として働くことも許可されました。[10] ノールーズ(イランの新年)とミラガン(ミールの日)の間に、王はスピーチを行いました。[9]

サーサーン朝領域[編集]

サーサーン朝の領域。

サーサーン帝国はその存続期間中、絶対君主制でした。 シャーハーンシャーは権威の頂点であり、その下にあるサトラペを支配するサトラプがいた。 シャーハーンシャーは帝国全体で最高の権威でしたが、しばしば彼らのサストラップからの反乱に直面した。 実際、サーサーン帝国は、サトラップがパルティア帝国に反抗したときに設立された。[11]

ササニアン帝国は、38年間統治したホスロー2世の下で最大の規模に達した。 最長の王はシャープール2世で、70年間統治していた。 サーサーン朝はアケメネス朝の後継者とみなされ、多くのサーサーン王の目標は、アケメネス朝の領土を全て征服することでした。

一覧[編集]

表は、サーサーン朝シャーハーンシャーの一覧。

# シャーシャーハーン 画像 即位 退位 継承 備考
サーサーン家
1 アルダシール1世 ArdashirIGoldCoinHistoryofIran.jpg 224年 242年2月
2 シャープール1世 ShapurICoinHistoryofIran.jpg 242年4月27日 270年5月
3 ホルミズド1世 HormizdICoinHistoryofIran.jpg 270年5月 271年6月
  • Oromastesとも呼ばれる。
4 バハラーム1世 Coin of Bahram I (cropped).jpg 271年6月 274年9月
5 バハラーム2世 Silver coin of Bahram II (cropped).jpg 274年 293年
6 バハラーム3世 Bahram III.jpg 293年 293年
7 ナルセ1世 Narseh relief.jpg 293年 302年 大叔父
  • クーデターにより即位。
  • NarsesやNarseusとも呼ばれる。
8 ホルミズド2世 Coin of the Sasanian king Hormizd II (1, cropped).jpg 302年 309年
9 アードゥルナルセ Sin foto.svg 309年 309年
  • 残酷さのため貴族に追放された。
10 シャープール2世 Head of king Met 65.126.jpg 309年 379年
11 アルダシール2世 Taq-e Bostan - Ardashir II.jpg 379年 383年
12 シャープール3世 Coin of Shapur III, Merv mint.jpg 383年 388年
13 バハラーム4世 Coin of Bahram IV (cropped), Herat mint.jpg 388年 399年
14 ヤズデギルド1世 Plate, the king Yazdgard I, slaying a stag.jpg 399年 420年
(15) シャープール4世 Sin foto.svg 420年 420年
(16) ホスロー Sin foto.svg 420年 420年 従兄弟
15(17) バハラーム5世 Plate with a hunting scene from the tale of Bahram Gur and Azadeh MET DT1634.jpg 420年 438年 従兄弟
16(18) ヤズデギルド2世 YazdegerdIICroppedCoinHistoryofIran.jpg 438年 457年
17(19) ホルミズド3世 King Hormizd II or Hormizd III Hunting Lions, 400-600.jpg 457年 459年
18(20) ペーローズ1世 Iran, ladjvard, mazandaran, busto di un re sasanide, bronzo, V-VII sec. ca..JPG 457年 484年
19(21) バラーシュ Coin of the Sasanian king Balash from Susa.jpg 484年 488年
  • ペーローズ1世の息子2人から2つの反乱が起きた。
20(22) カワード1世 Plate with king hunting rams (white background).jpg 488年 496年
  • バラーシュ1世に対する反乱後即位。
21(23) ジャーマースプ Coin of the Sasanian king Jamasp from Susa.jpg 496年 498年
20(24) カワード1世 Plate with king hunting rams (white background).jpg 498年 531年
22(25) ホスロー1世 KhosrauICoinHistoryofIran.jpg 531年 579年
23(26) ホルミズド4世 Drachma of Hormidz IV - cropped.jpg 579年 590年
24(27) ホスロー2世 KhosrauIIGoldCoinCroppedHistoryofIran.jpg 590年 590年
  • ホスロー2世に対抗して王位を宣言したが、バフラーム・チョービンに打倒された。
ミフラーン家
(28) バフラーム・チョービン BahramChobinCoinHistoryofIran.jpg 590年 591年 反逆者
  • ホルミズド4世とホスロー2世に対抗し王位を宣言した。
サーサーン家
24(29) ホスロー2世 KhosrauIIGoldCoinCroppedHistoryofIran.jpg 591年 628年 子(ホルミズド4世)
  • バフラーム・チョービンを倒し復位。
アスパーフバド家
(30) ヴィスタム BistamCoinHistoryofIran.jpg 591年 595年 母方の叔父
サーサーン家
25(31) カワード2世 Coin of the Sasanian king Kavadh II (cropped), minted at Ray in 628.jpg 628年 628年 子(ホスロー2世)
  • 父親と18人の兄弟を殺した後即位。
26(32) アルダシール3世 ArdashirIIICoinHistoryofIran.jpg 628年 629年
ミフラーン家
(33) シャフルバラーズ ShahrbarazCoinHistoryofIran.jpg 629年4月27日 629年6月17日 スパーフベド
サーサーン家
(34) ホスロー3世 XusravIIICoinHistoryofIran.jpg 629年 629年 甥(ホスロー2世)
27(35) ボーラーンドゥフト BorandukhtCoinHistoryofIran.jpg 629年6月17日 630年6月12日 娘(ホスロー2世)
  • 2人の女性王のうちの1人。
(36) シャープール5世 Sin foto.svg 630年 630年 子(シャフルバラーズ) 姉妹の子(ホスロー2世)
28(37) ペーローズ2世 Sin foto.svg 630年 630年 子孫(ホスロー1世)
30(38) アーザルミードゥフト AzarmidokhtCoinHistoryofIran.jpg 630年 631年 娘(ホスロー2世)
  • 2人の女王のうちの1人。
アスパーフバド家
39 ファッルフ・ホルミズド FarrokhHormizdVCoin.jpg 630年 631年 スパーフベド
サーサーン家
(40) ホルミズド4世 HormizdVICoinHistoryofIran.jpg 630年 631年 簒奪者
29(41) ホスロー4世 KhosrauIVCoinHistoryofIran.jpg 631年 631年 弟(ペーローズ2世)
(42) ホスロー5世 FarrukhzadKhosrauVCoin.jpg 631年3月 631年4月 子(ホスロー2世)
27(43) ボーラーンドゥフト BorandukhtCoinHistoryofIran.jpg 631年 632年 娘(ホスロー2世)
  • 復位。
31(44) ヤズデギルド3世 YazdegerdIIICoinCroppedHistoryofIran.jpg 632年 651年 孫(ホスロー2世)
  • 一連の内部紛争と殺人で即位。
  • ペルシャのイスラム教徒の征服は治世の最初の年に始まった。
滅亡後
- ペーローズ3世 Sin foto.svg 651年 (亡命中) 679年 (亡命中)
  • の将軍を務め、中国の領土に後退。
- ナルシエフ Sin foto.svg 679年 (亡命中) 不明
  • 父と同じく唐の将軍を務めた。
- バハラーム7世 Sin foto.svg 不明 710年 (亡命中) 子(ヤズデギルド3世)
- ホスロー6世 Sin foto.svg 不明 不明 不明

引用[編集]

  1. ^ The Cambridge Illustrated History of the Islamic World”. 2014年6月6日閲覧。
  2. ^ Shapur Shahbazi, A. (2005), “Sasanian Dynasty”, Encyclopedia Iranica (Columbia University Press) 1, http://www.iranicaonline.org/articles/sasanian-dynasty 
  3. ^ Norman A. Stillman The Jews of Arab Lands pp 22 Jewish Publication Society, 1979 0827611552
  4. ^ International Congress of Byzantine Studies Proceedings of the 21st International Congress of Byzantine Studies, London, 21–26 August 2006, Volumes 1-3 pp 29. Ashgate Pub Co, 30 sep. 2006 075465740X
  5. ^ Daryaee 2012, p. 201.
  6. ^ Frye, R. N. (1983). “Chapter 4: The political history of Iran under the Sasanians”. The Cambridge History of Iran. 3. Cambridge University Press. p. 116. ISBN 978-0-521-20092-9 
  7. ^ “A Unique Drachm Coin of Shapur I”. Iranian Studies 50: 331–344. doi:10.1080/00210862.2017.1303329. 
  8. ^ a b Daryaee 2008, p. 41.
  9. ^ a b Daryaee 2008, p. 42.
  10. ^ a b c Morony 2005, p. 92.
  11. ^ Freedman 2000, p. 458.

資料[編集]