サークル (アモルフィスのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サークル
アモルフィススタジオ・アルバム
リリース
録音 2012年9月 - 10月 ホロラ ペトラックス・スタジオ、ヘルシンキ 5Kスタジオ[1]
ジャンル ヘヴィメタルメロディックデスメタルフォーク・メタル
レーベル ニュークリア・ブラスト
プロデュース ピーター・テクレン、アモルフィス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(フィンランド[2]
  • 13位(ドイツ[3]
  • 24位(オーストリア[4]
  • 33位(スウェーデン[5]
  • 39位(日本[6]
  • 57位(スイス[7]
  • 141位(フランス[8]
  • 148位(ベルギー・ワロン地域[9]
  • 169位(ベルギー・フランデレン地域[10]
  • アモルフィス 年表
    ザ・ビギニング・オブ・タイムズ
    (2011年)
    サークル
    (2013年)
    アンダー・ザ・レッド・クラウド
    (2015年)
    ミュージックビデオ
    「The Wanderer」 - YouTube
    「Hopeless Days」 - YouTube
    テンプレートを表示

    サークル』(Circle)は、フィンランドヘヴィメタルバンドアモルフィス2013年に発表した11作目のスタジオ・アルバム

    背景[編集]

    アモルフィスの過去のアルバムは、フィンランドの民族叙事詩『カレワラ』に基づく内容だったが、本作は作詞家のペッカ・カイヌライネンが書き下ろしたオリジナル・ストーリーとなった[11]エサ・ホロパイネンによれば、バンドはカイヌライネンに本作の歌詞を依頼する際「フィンランドの神話や物語を表しつつ、あなたなりの独自のストーリーにして欲しい」と話したという[12]

    ヒポクリシーやペインのメンバーとして知られるピーター・テクレンが、プロデュース及びミキシングを手掛けた[13]。ニクラス・エテレヴォリは、リハーサルではダウン・チューニングの4弦ベースを弾いていたが、レコーディングではテクレンのアドバイスに基づいてダウン・チューニングの5弦ベースを使用し、「俺が思うには、ベース音を低くしたことで、他の楽器にも更なるスペースを与えることができたし、アルバム全体のサウンドも風通しが良くなった」とコメントしている[11]

    ボーカリストのトミ・ヨーツセンは、ジャケットに描かれた人物に関して「このキャラクターは、アルバムの主人公が人生の新たな道を見出すのを助けるために、別の時代からやって来た」と説明している[13]

    反響・評価[編集]

    母国フィンランドでは、先行シングル「ホープレス・デイズ」が2013年第10週のシングル・チャートで19位を記録し[14]、本作は2013年第17週のアルバム・チャートで初登場1位となり、4週連続でトップ10入りした[2]。ドイツのアルバム・チャートでは最高13位を記録し、前作『ザ・ビギニング・オブ・タイムズ』(2011年)に続く2度目のトップ20入りを果たした[3]。アメリカでは、総合アルバム・チャートのBillboard 200入りは逃したが、『ビルボード』のトップ・ヒートシーカーズでは11位を記録した[15]

    Dom Lawsonは『ガーディアン』紙のレビューで5点満点中4点を付け「彼らのここ何作かのアルバムと同様、『サークル』は彼らの初期の作品よりも親しみやすく、実験色は薄い」と評している[16]

    収録曲[編集]

    全曲とも作詞はペッカ・カイヌライネンによる。

    1. シェイズ・オブ・グレイ - Shades of Gray – 5:28
    2. ミッション - Mission – 4:33
      • 作曲:エサ・ホロパイネン
    3. ザ・ワンダラー - The Wanderer – 4:44
      • 作曲:サンテリ・カリオ
    4. ナロウ・パス - Narrow Path – 4:23
      • 作曲:サンテリ・カリオ
    5. ホープレス・デイズ - Hopeless Days – 5:09
      • 作曲:エサ・ホロパイネン
    6. ナイトバーズ・ソング - Nightbird's Song – 5:01
    7. イントゥ・ジ・アビス - Into the Abyss – 5:37
      • 作曲:サンテリ・カリオ
    8. エンチャンテッド・バイ・ザ・ムーン - Enchanted by the Moon – 5:32
      • 作曲:エサ・ホロパイネン
    9. ア・ニュー・デイ - A New Day – 6:00
      • 作曲:エサ・ホロパイネン

    日本盤ボーナス・トラック[編集]

    デラックス・エディション盤(VIZP-115)には下記2曲とも収録され、通常盤(VICP-65139)及び2016年再発盤(VICP-65368)には「デッド・マンズ・ドリーム」のみ収録。

    1. デッド・マンズ・ドリーム - Dead Man's Dream
      • 作曲:サンテリ・カリオ
    2. ニュー・ソング - New Song
      • 作曲:エサ・ホロパイネン

    デラックス・エディション盤ボーナスDVD[編集]

    1. サ・メイキング・オブ・サークル
    2. ナイトバーズ・ソング(ビデオ・クリップ)
    3. フォト・ギャラリー

    参加ミュージシャン[編集]

    アディショナル・ミュージシャン

    脚注・出典[編集]

    [ヘルプ]