サン=レオナール=デ=ボワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Saint-Léonard-des-Bois
Blason ville fr Saint-Léonard-des-Bois (Sarthe).svg
Centre Saint-Léonard-des-Bois 01.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏Unofficial flag of Pays-de-la-Loire.svg
(département) サルト県Blason du Maine.svg
(arrondissement) マメール郡
小郡 (canton) シエ=ル=ギヨーム小郡
INSEEコード 72294
郵便番号 72130
市長任期 パスカル・デルピエール[1]
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes Haute Sarthe Alpes Mancelles
人口動態
人口 4256人
(2014)
人口密度 154人/km2
住民の呼称 Saint-Léonardais
地理
座標 北緯48度21分08秒 西経0度04分36秒 / 北緯48.3522度 西経0.0767度 / 48.3522; -0.0767座標: 北緯48度21分08秒 西経0度04分36秒 / 北緯48.3522度 西経0.0767度 / 48.3522; -0.0767
標高 最低:87m
最高:241m
面積 27.12km2
Saint-Léonard-des-Boisの位置(フランス内)
Saint-Léonard-des-Bois
Saint-Léonard-des-Bois
公式サイト www.saintleonarddesbois.fr
テンプレートを表示

サン=レオナール=デ=ボワSaint-Léonard-des-Bois )は、フランスペイ・ド・ラ・ロワール地域圏サルト県コミューン

サン=レオナール=デ=ボワの特権的な地理的位置が、この地でのグリーン・ツーリズムを促進させている。小さなコミューンはアルプ・マンセル地方の中心にあり、パリから約2時間で行くことができる。

地理[編集]

このかわいらしいコミューンは、アランソンの下流、サルト川谷にある。オルヌ県およびマイエンヌ県と接している。渓谷のこの部分は、河岸浸食によって生じた重要な断崖のためにアルプ・マンセルと呼ばれている。近年までの地質学的な期間にサルト川は、徐々に高地を掘り下げて流れていった。川の流れが作り出されるうちに、下の地層にあるヘルシニア造山運動で生じた折りたたまれた層を掘り続けた。したがって、サルト川はアルモリカ山塊砂岩の棒線を垂直に切断している。サン=レオナール=デ=ボワの風景はこの現象によるものである。アルモリカ山塊の砂岩の露頭は、特にサルト川の蛇行する場所、崖の上で生じている。近くにあるアルプ・マンセル山地の断崖は東側でしばしば標高200mを超え、サルト川は比較すると100m降下していることが明らかである。

サン=レオナールでは、20世紀初頭にスレート石が採掘されていた。

歴史[編集]

コミューンには歴史的な痕跡がある。最も古い場所の1つはナルボンヌという地で、ガリア時代には定住地となっていた。6世紀には、キリスト教の隠者聖レオナールが住み着いた。隠者の庵のあった場所はヴァンドゥーヴル(Vendeuvre)と呼ばれる巡礼地となった。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2004年 2014年
722 639 568 512 497 503 514 486

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[2]、2006年以降INSEE[3][4]

脚注[編集]