サン=マルタン=ヴァルムルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Saint-Martin-Valmeroux
St Martin Valmeroux-1-pano.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
(département) カンタル県Blason département fr Cantal.svg
(arrondissement) モーリアック郡
小郡 (canton) サレール小郡
INSEEコード 15202
郵便番号 15140
市長任期 フレデリック・ルール
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Pays de Salers
人口動態
人口 836人
2011年
人口密度 32人/km2
地理
座標 北緯45度07分06秒 東経2度25分33秒 / 北緯45.1183度 東経2.4258度 / 45.1183; 2.4258座標: 北緯45度07分06秒 東経2度25分33秒 / 北緯45.1183度 東経2.4258度 / 45.1183; 2.4258
標高 平均:m
最低:609 m
最高:963 m
面積 25.92km2
Saint-Martin-Valmerouxの位置(フランス内)
Saint-Martin-Valmeroux
Saint-Martin-Valmeroux
公式サイト Site official de la commune de Saint-Martin-Valmeroux
テンプレートを表示

サン=マルタン=ヴァルムルーSaint-Martin-Valmeroux)は、フランスオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏カンタル県コミューン

地理[編集]

サン=マルタン=ヴァルムルーはマロンヌ谷の中にあるコミューンである。谷はマリー山の西側麓にあり、東西に向けて開いている。火山性の堆積物によって刻まれた谷である。火山砕屑岩が、サレール周囲の台地上で見られるように、時として特定の玄武岩の表面を削ったのである。

サン=マルタン=ヴァルムルーの家屋は玄武岩で建てられ、スレート屋根が葺かれている。

マロンヌ谷は大半が草原で覆われ、そこでは赤い角を持つ有名なサレール種のウシが草を食んでいる。村の南側にあるオズラルの森のように、急な斜面に森林がはりついている。

サン=マルタン=ヴァルムルーは、南のオーリヤックと北のモーリアックとを結ぶ県道38号線、西のサントゥラリーと東のフォンタンジュとを結ぶ県道37号線の交差点にあたる。

ナポレオンの土地台帳で示されているように、村はマロンヌ右岸に位置し、20世紀初頭から橋の対岸へ面積を拡張していった。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2011年
981 992 1099 1009 1012 911 872 836

参照元:1999年までEHESS[1]、2004年以降INSEE[2][3]

史跡[編集]

  • クレヴクール城 - 王家の城で、13世紀から18世紀までオート=オーヴェルニュ代官区が設置されていた。
  • ブズー城
  • 市場の開かれるホール - 1838年建設。毎週金曜日にここで市場が開催される。

脚注[編集]