サン=ブノワ=デュ=ソー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Saint-Benoît-du-Sault

Blason ville fr Saint-Benoit-du-Sault (36).svg
Saint-benoit-du-sault.jpg

行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏Flag of Centre-Val de Loire.svg
(département) アンドル県Blason département fr Indre.svg
(arrondissement) ル・ブラン郡
小郡 (canton) サン=ゴルティエ小郡
INSEEコード 36182
郵便番号 36170
市長任期  クリスティアン・ブレック
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes Marche Occitane - Val d'Anglin
人口動態
人口 607人
2016年
人口密度 337人/km2
住民の呼称 Bénédictins[1]
地理
座標 北緯46度26分29秒 東経1度23分29秒 / 北緯46.4413888888889度 東経1.39138888888889度 / 46.4413888888889; 1.39138888888889座標: 北緯46度26分29秒 東経1度23分29秒 / 北緯46.4413888888889度 東経1.39138888888889度 / 46.4413888888889; 1.39138888888889
標高 最低:175m
最高:246 m
面積 1.80km2
Saint-Benoît-du-Saultの位置(フランス内)
Saint-Benoît-du-Sault
Saint-Benoît-du-Sault
公式サイト saint-benoit-du-sault.fr
テンプレートを表示

サン=ブノワ=デュ=ソーSaint-Benoît-du-Sault)は、フランスサントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏アンドル県コミューン

地理[編集]

コミューンは県南西部、自然区分上の地方であるボワショー・シュド地方にあり、ポルトフイユ谷の上にある[2]ル・ブランとは33km、シャトールーとは47km離れている。

コミューンはベレール、ル・ボワ、カリエールの3つの集落をもつ[3]

由来[編集]

フランス革命の間、1793年ヴァンデミエール25日の国民公会デクレに従い、アンシャン・レジーム体制を想起させる名称のコミューンは他の名称に置き換えることになり、コミューンはモン=デュ=ソー(Mont-du-Sault)と改名した[4]

歴史[編集]

元々は、幾人かのベネディクト会派修道士たちがフルーリー修道院から離れ、小さなコロニーとしてCaput Servium(現在のサルシエルジュ=サン=マルタン)を創設したことに始まる。修道院はローマ街道に近かったため、時代は特定できないが異民族侵攻を受けて10世紀にサリス(Salis、現在のサン=ブノワ=デュ=ソー)へ移転した。自然の岩山の上にあり、よりよく防御できるとみなされたからである。

村の歴史はブロス子爵家とも関係がある。したがって、中世の外観が岩の小高い丘にあり、15世紀から16世紀にかけて建てられた住宅や、狭い通り、絵のように美しい広場がある。現在のコミューンの紋章はブロス家のものである。

ジョルジュ・ウィルソンが監督した映画、La Vouivreは1987年にサン=ブノワ=デュ=ソーで撮影された。

2014年の小郡再編によって、コミューンは小郡庁所在地ではなくなった[5]

人口統計[編集]

2015年当時のコミューン人口は612人で、2010年時点の人口に比べて6.13%減少した[6]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2015年
699 822 864 836 856 766 714 612

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[7]、2006年以降INSEE[8][9]

史跡[編集]

著名な出身者[編集]

  • エルヴェ・フェイ(fr) - 天文学者

脚注[編集]

  1. ^ « Nom des habitants des communes françaises, Saint-Benoît-du-Sault », sur le site habitants.fr de la SARL Patagos (consulté le 11 février 2012).
  2. ^ « Indre », sur le site de Lion 1906, consulté le 3 septembre 2018.
  3. ^ Saint-Benoît-du-Sault sur Géoportail., consulté le 17 septembre 2018.
  4. ^ Charles Bouyssi, Communes et paroisses d’Auvergne,‎ (lire en ligne).
  5. ^ « LOI no  2013-403 du 17 mai 2013 relative à l'élection des conseillers départementaux, des conseillers municipaux et des conseillers communautaires, et modifiant le calendrier électoral », JORF no 0114 du 18 mai 2013 p. 8242,‎ (consulté le 24 février 2014).
  6. ^ Population municipale légale en vigueur au 1er janvier 2018, millésimée 2015, définie dans les limites territoriales en vigueur au 1er janvier 2017, date de référence statistique : 1er janvier 2015.
  7. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=30697
  8. ^ https://www.insee.fr/fr/statistiques/3293086?geo=COM-36182
  9. ^ http://www.insee.fr