サン=ニコラ=レ=シトー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Saint-Nicolas-lès-Cîteaux
Blason de la ville de Saint-Nicolas-lès-Cîteaux (Côte-d'Or).svg

Saint-Nicolas-les-Citeaux.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏
(département) コート=ドール県Blason département fr Côte-d’Or.svg
(arrondissement) ボーヌ郡
小郡 (canton) ニュイ=サン=ジョルジュ小郡
INSEEコード 21564
郵便番号 21700
市長任期 フロランス・ジト
2008年 - 2014年
人口動態
人口 444人
2009年
人口密度 15人/km2
地理
座標 北緯47度06分56秒 東経5度03分19秒 / 北緯47.1155555556度 東経5.05527777778度 / 47.1155555556; 5.05527777778座標: 北緯47度06分56秒 東経5度03分19秒 / 北緯47.1155555556度 東経5.05527777778度 / 47.1155555556; 5.05527777778
標高 平均:?m
最低:190m
最高:227m
面積 28.93km2 (2 893ha)
Saint-Nicolas-lès-Cîteauxの位置(フランス内)
Saint-Nicolas-lès-Cîteaux
Saint-Nicolas-lès-Cîteaux
公式サイト site officiel
テンプレートを表示

サン=ニコラ=レ=シトー (Saint-Nicolas-lès-Cîteaux)は、フランスブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏コート=ドール県コミューン

歴史[編集]

1098年、モレームのロベールと、モレームからやってきた修道士たちがシトー修道院を創設した。1113年、クレルヴォーのベルナルドゥスがブルゴーニュ出身の30人の入会者を連れて修道院に入った。こうして修道院はシトー会の本拠地となり、代々のブルゴーニュ公の庇護を受けた。シトー会はヨーロッパやパレスチナにさらに100以上の修道院をたてた。1608年、修道院はロレーヌ出身在俗者を住まわせるためサン=ニコラの村をつくった。1636年、修道院はマティアス・ガラス軍によって破壊された。

17世紀初頭、戦争や略奪に起因する困難を克服するため、第52代修道院長ニコラ・ド・ブシュラはロレーヌ出身者23世帯からドメーヌを受け入れた。彼らは各自、修道院から4km離れた森の中の土地34ヘクタールを提供した。彼らは開墾に従事し、15年間耕作した。彼らは生産されたものの一部を修道院に寄付し、賦役をした。そうしなければ、懲罰を加えられた。

この「システム」が現在の村の原点である。1608年10月31日、設立憲章が教会参事会で署名された。村は修道院長の名をとってサン=ニコラとなった。

フランス革命時代、シトー会修道院は廃止され、サン=ニコラの村は一時期ユニテ(Unité)と呼ばれていた。

1841年、ベルギー人フェミニストのゾエ・ド・ギャモンと、フーリエの弟子アーサー・ヤングが、放棄された修道院建物を利用してファランステール(Phalanstère、フーリエが提唱した共産的生活共同体)を設立した。1846年、修道士レイが懲役として農業労働を行う刑務所を設置したが、これは19世紀末までに廃止されている。1898年、修道院は厳律シトー会に与えられた。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
377 386 316 331 400 475 463

参照元:1962年以降人口の2倍カウントなし。INSEE[1] · [2] · [3].

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ « Résultats du recensement de la population - Saint-Nicolas-lès-Cîteaux », sur le site de l'Insee (consulté le 1er janvier 2012)
  2. ^ « Recensement de la population au 1er janvier 2006 », sur le site de l'Insee (consulté le 1er janvier 2012)
  3. ^ « Populations légales 2009 en vigueur le 1er janvier 2012 », sur le site de l'Insee (consulté le 1er janvier 2012)