サン・ロケ (カディス県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
'San Roque'

Bandera de San Roque.svg   Escudo de San Roque.svg

San Roque al atardecer.jpg
アンダルシア州
カディス県
面積 140.0km²
標高 109m
人口 29,249人(2009年)
人口密度 208.92人/km²
住民の呼称 sanroqueño/-a
Map of San Roque (Cádiz).png

北緯36度12分35秒 西経05度23分04秒 / 北緯36.20972度 西経5.38444度 / 36.20972; -5.38444

サン・ロケSan Roque)は、スペインアンダルシア州カディス県の自治体。

歴史[編集]

サン・ロケからジブラルタル岩を眺める
石油精製所

スペイン継承戦争中の1704年8月1日アルヘシラス湾にてジョージ・ルーク提督とオーストリアの軍人であるゲオルク・フォン・ヘッセン=ダルムシュタットが指揮するイングランドオランダ連合艦隊が、スペイン王フェリペ5世に忠誠を誓うブルボン家の艦隊と衝突した。8月4日にスペイン側が降伏、イングランドはジブラルタルを占領した(ジブラルタルの占領)。

この時、ジブラルタルに住んでいたスペイン系住民は脱出し、標高109mの丘の頂上にあったサン・ロケ礼拝堂周辺へ移住した。当時のジブラルタル住民およそ7000人のうち5000人以上がサン・ロケへ移り、2000人あまりがロス・バリオスやアルヘシラスなど他都市へ逃げ、ジブラルタルに残ったのはわずか47人だった[1][2]

サン・ロケは失われたスペインの都市ジブラルタルの栄誉、紋章、称号を授けられた都市となった。そして『かつてジブラルタルに居住した者がいる、最も高貴、最も王家に忠実な都市サン・ロケ』(Muy Noble y Más Leal ciudad de San Roque, donde reside la de Gibraltar)と称された。

1870年、ラ・リネア・デ・ラ・コンセプションがサン・ロケから分離して独立した自治体となった。

現在、サン・ロケには製油所、石油化学複合施設、スペイン初のコンバインドサイクル発電施設などを含む、広大で重要な工業地帯がある。サン・ロケ礼拝堂は元の場所から撤去されてその後兵舎が建てられた。丘の頂上には礼拝堂が再建され、現在はサンタ・マリア・ラ・コロナーダ教会(es)となっている。

交通[編集]

  • 空港 - ジブラルタル国際空港約7km
  • 道路 - A7(es、メディテラネオ高速道)
  • 鉄道 - Adif(es)運営のメディア・ディスタンシア・レンフェ(es)、A5号線サン・ロケ駅。

みどころ[編集]

  • カルテイア遺跡 - グアダランケ地区にある、カルタゴ、ローマ帝国が植民地としたが5世紀に打ち捨てられた。
  • ピナール・デル・レイ公園
  • ソトグランデ地区 - 1964年以降、アメリカ人事業家がグアディアロ川河口付近に計画したリゾート。ゴルフクラブ、海水浴場、マリーナがある。バルデラマ・ゴルフ・クラブは1997年度ライダーカップ開催地となった。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ {{subst:cita libro | apellidos = Sayer | nombre = Frederick | editorial = Chapman and Hall | título = The history of Gibraltar and of its political relation to events in Europe | año = 1865 | páginas = 116 }}
  2. ^ Herederos de Gibraltar - El Mundo

外部リンク[編集]

http://www.soixantesix.book.fr/galeries/san-roque/