サン・ジョルジュ (チーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サン・ジョルジュ
Queijo São Jorge[1]
Queijo São Jorge inteiro.jpg
基本情報
分類 セミハード[2][3]またはハード[4]
原料 牛乳
原産国 ポルトガル
原産地 アゾレス諸島サン・ジョルジュ島
生産場所 酪農場
生産期間 一年中
形状 円筒状
大きさ 通常直径25-30cm
高さ10-15cm[4]
重量 8,000 - 12,000g
脂肪分 45%以上
表皮 本文参照
熟成 3箇月[4]とも120日以上とも。場所は適度な換気のある、常温または12 - 14℃、相対湿度80 - 85%に保たれた部屋[4]
呼称統制 PDO (1996年11月[4])
テンプレートを表示

サン・ジョルジュポルトガル語: Queijo São Jorge[1])はポルトガルアゾレス諸島サン・ジョルジュ島で生産される、牛乳を原料としたチーズ。セミハードまたはハードタイプに分類される。

起源について、少なくとも19世紀には生産されていたと見られるが[4]大航海時代の15世紀に移入されていたとも言われる[2]1996年11月にEU原産地名称保護制度におけるPDO認定を受けている[4]

表皮は淡いオレンジ色で光沢があり手触りはなめらかであるが、これは加工によるものではなく、自然にそのようになる[2]。ただし、色については濃い黄色という評価を受ける製品もあるし、パラフィンなどでコーティングされるケースもある[4]。直径15cmのゴールドメダル風なラベルが添付され、この金地に赤か黒で銘柄と図柄が表示される[4]

中身は表皮と似て黄色のテクスチャを見せる。かたいものの、もろくボロボロと崩れやすい。気泡も点在する。[2][4]

味はチェダーチーズカンタルを思わせる風味がある。辛みもある。ポートワインとあわせて食すのがよい。[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Queijoは日本語ではケイジョと表記される、チーズをさすポルトガル語。本項における日本語表記では『チーズ図鑑』(本間, 増井 & 山田 2009) にならいケイジョを省略している。
  2. ^ a b c d e 本間るみ子; 増井和子; 山田友子、文藝春秋編、 『チーズ図鑑』182巻 (7版) 株式会社文藝春秋〈文春新書〉、2009年、185頁。ISBN 4-16-660182-2 
  3. ^ 以下「基本情報」欄は、特記の無い限り (本間, 増井 & 山田 2009, p. 185) による。
  4. ^ a b c d e f g h i j 指定前の公示(第50号):農林水産省”. 農林水産省 (2017年7月11日). 2018年8月23日閲覧。 “Queijo S. Jorge (ケイジョ サン ジョルジュ)”

外部リンク[編集]