サン・ジャン・シュール・リシュリュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サン・ジャン・シュール・リシュリュー
Ville de Saint-Jean-sur-Richelieu
St-Jean-Richelieu-coucher 03-08-2008.jpg
位置
サン・ジャン・シュール・リシュリューの位置の位置図
サン・ジャン・シュール・リシュリューの位置
座標 : 北緯45度19分0秒 西経73度16分0秒 / 北緯45.31667度 西経73.26667度 / 45.31667; -73.26667
歴史
設立 1665年
合併 2001年
行政
カナダの旗 カナダ
  Flag of Quebec.svg ケベック州
 行政区 モンテレジー地域
 市 サン・ジャン・シュール・リシュリュー
市長 Alain Laplante
地理
面積  
  市域 226.63 km2
人口
人口 2016年[1]現在)
  市域 92,394人
    人口密度   419.7人/km2
その他
等時帯 東部標準時 (UTC-5)
夏時間 東部夏時間 (UTC-4)
市外局番 450、579
公式ウェブサイト : [1]

サン・ジャン・シュール・リシュリューSaint-Jean-sur-Richelieu)は、カナダケベック州モンテレジー地域にあるリシュリュー川の両岸に開けた都市。モントリオールからおよそ南に40㎞に位置している。人口は2016年時点で9万2394人とケベック州の中では11番目に多い。モントリオール大都市圏には属していない。

シャンブリ運河

概要[編集]

19世紀には交通の要所として発展し1836年に最初の鉄道路線が開通。2001年にSaint-Jean-sur-Richelieu、Saint-Luc、Iberville 、Saint-Athanase、L'Acadieの五つの自治体が合併し現在のサン・ジャン・シュール・リシュリューが成立した。市内には総延長20㎞のシャンブリ運河があり、冬季はスケートリンクとなる。毎年"Festival International des Montgolfières"と言う気球フェスティバルが開かれる。

人口動態[編集]

母語話者(サン・ジャン・シュール・リシュリュー)2016
フランス語
  
93.08%
英語
  
2.43%
その他
  
2.08%

2016年センサスによる人口は92,394人。母語の割合はフランス語が93.08%と大半を占め、英語は2.43%、その他の言語が2.08%となっている。住民のほとんど(93.3%)が白人となっているが、先住民も4.3%を占めている。

交通[編集]

鉄道交通の要所であったが、市内のサンジャン=ディベルヴィル駅は1976年に廃止され、カナダ国定史跡に指定されている。モントリオールまで近郊列車の運行計画がある。

脚注[編集]

外部リンク[編集]