サンプラチナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サンプラチナ (Sun Platinum Metal、略号SPM) は、1930年加藤信太郎により開発されたニッケル85%、クロム11%、3%、その他1%を含む白金色合金であり、身体との親和性に優れ、耐食性にも優れ、長時間大気中に放置してもほとんど変色せず、研磨後の表面は軟らかい白金色に似た光沢を呈する事より、眼鏡材料、歯科材料(一般的に「サンプラ」と略されることが多い)、装身具・時計バンド、整形外科用等として、幅広く使用されてきた。特に、サンプラチナの丸い眼鏡フレームは、昭和天皇も愛用し、一般にも普及した。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]