サンフランシスコ・ベイエリア大学間連携ネットワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サンフランシスコ・ベイエリア大学間連携ネットワーク(Japanese University Network in the Bay Area, JUNBA)は、米国サンフランシスコ(San Francisco)・ベイエリア、シリコンバレー(Silicon Valley) に拠点を持つ日本大学が中心となり、各大学間の連携を図り、日本の大学の国際化、国際的人材の養成、産学連携等の諸活動を支援し、日本及び米国における教育・研究の発展と、産業創出に寄与する事を目的として発足した団体。

2004年8月に大学拠点間の情報交換を主目的とした「大学間連絡会」として発足、2006年8月に「サンフランシスコ・ベイエリア大学間連携ネットワーク」(英文名 Japanese University Network in the Bay Area、略称 JUNBA) と改名し、日本学術振興会サンフランシスコ研究連絡センターが事務局を引き受けている。

2007年1月11-12日、日本の大学の国際化を推進するための記念すべき第1回目の取組として、米国に活動拠点を置く日本の大学のトップと、米国の産学のトップを交えた「第1回 JUNBA サミットとシンポジウム]を開催した。

2008年1月9-11日、国際産学官連携に関するサミット、シンポジウム、テクノロジーフェアのJUNBA2008を開催した。

2009年1月12-13日、"Next Step to a Greener Earth"をテーマに、日米の大学と企業から最先端の環境関係の研究成果を集めてJUNBA2009を開催した。

2010年1月11-12日、「革新的医療技術:Innovative Medicine and Technology」をメインテーマとしたシンポジウムとテクノロジーフェア、並びに「大学国際化の次なる展開」をテーマにしたサミット、のJUNBA2010を開催した。

2011年1月7-8日、「外から見た日本の大学の国際化ー日本の大学は国際化されたのか - Global Adaptability of Japanese Universities」をテーマにしたサミット、JUNBA2011を開催した。

2012年1月9-10日、「国際化に向けた大学経営ーInstitutional Research and Enrollment Management」をてーまにしたシンポジウムとサミット、JUNBA2012を開催した。

2013年1月11-12日、「国際交流を土台とした教育の国際化 - 世界で活躍する人材を育成するためにーEducational Transformation in a Global World beyond International Exchange Programs」をテーマにしたシンポジウムとサミット、JUNBA2013を開催する予定。

参加している大学および団体 (五十音順)[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]