サンパウロ公共交通博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Museu do Transporte Público Gaetano Ferolla.JPG

ガエターノ・フェローラ公共交通博物館は、ブラジルサンパウロ市カニンデ区に所在する博物館である。1985年5月20日に、公共交通公社 (CMTC) 博物館として当時のサンパウロ市長のマリオ・コヴァスにより開館した。そして公共交通公社の職員であり、この博物館の発展に尽力したガエターノ・フェローラの死去の翌年である1991年の9月27日に、今の名称が与えられた。現在この博物館は、バス事業者であるSP Transにより維持・管理されている[1]

この交通博物館では、ブラジルで最初に走った鉄道馬車から、ブラジル国内で最初に生産されたトロリーバスまでの公共交通に関する国家的な遺物を所蔵している。施設内にはそのほか路面電車バスなどの7台の車両、車両の部品、約1500点の写真と1500点の書籍を有する小図書室、展示物と、都市交通の進歩に関する文書も収蔵されている[2]

参考[編集]

[脚注の使い方]