サンバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンバー
Sambar deer.JPG
サンバー(スイロク) Cervus unicolor
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
: 偶蹄目 Artiodactyla
亜目 : 反芻亜目 Ruminantia
: シカ科 Cervidae
亜科 : シカ亜科 Cervinae
: シカ属 Cervus
: サンバー(スイロク)
C. unicolor
学名
Cervus unicolor
Kerr, 1792
和名
サンバー(スイロク[1]
英名
Sambar (Sambar Deer[1])

Rusa unicolor.png

サンバー: Sambar、学名: Cervus unicolor)は、哺乳綱偶蹄目シカ科シカ属に分類されるシカ。別名スイロク[2](水鹿[3])。

分布[編集]

インドバングラデシュスリランカ中国南部、海南島台湾インドネシアマレーシアタイミャンマー

形態[編集]

体長(頭胴長)170-270cm、尾長約30cm、肩高120-150cm、体重150-315kg[3]。オスのみに角があり、角は基部で1本、先端でさらに1本枝分かれする。体毛は灰褐色から暗褐色で[4]、尾は暗色[5]、頸部の体毛は長い[3]

生態[編集]

別名のスイロクは漢字では水鹿と表記し[3]、名前の通り水辺(湿地帯の森林[3])に棲息していることが多い。泥浴びを好み[3]、単独もしくはメスと幼体からなる小規模な群れを形成し生活する。夜行性[3]、昼間は木陰などで休む。天敵としてはトラドールが挙げられる。

食性は草食性で、や果実、また木の芽を好んで採餌し[3]、木の葉、水草なども食べる。

亜種[編集]

現在、7亜種が認められている[6]

亜種 英名 分布域
R. u. brookei ボルネオ島
R. u. cambojensis インドネシア、半島マレーシア
R. u. dejeani South China sambar Deer 中国南部・南西部
R. u. equina Malayan sambar Deer スマトラ島
R. u. hainana Hainan sambar deer 海南島、中国
R. u. swinhoii Formosan sambar deer 台湾
R. u. unicolor Sri Lankan sambar deer インド、バングラデシュ、スリランカ

人間との関係[編集]

日本においては安佐動物公園のみで飼育されている。

富士重工業軽自動車のうち、軽トラックとその派生形バン・ワゴン車のペットネームであるサンバー (Sambar)は、本種に由来する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 安間 (2002)、204頁
  2. ^ 環境省自然環境局. “参考資料4: 主なマイクロチップ埋込み対象「特定外来生物・特定(危険)動物」一覧”. 動物の愛護と適切な管理. 環境省. p. 142. 2013年9月8日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 『自然大博物館』 小学館1992年、267頁。
  4. ^ 安間 (2002)、134頁
  5. ^ Junaidi Payne; Charles M. Francis (2005). A Field Guide to the MAMMALS of BORNEO (4th ed.). Kota Kinabalu: The Sabah Sosiety. pp. 142, 299-300. 
  6. ^ Wilson, D.E., Reeder, D.M. (eds.) (2005) Mammal Species of the World. A Taxonomic and Geographic Reference (3rd ed), Johns Hopkins University Press online

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]