サンバンウル・レイダース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サンバンウル・レイダース
各種表記
ハングル 쌍방울 레이더스
漢字 雙방울 레이더스
発音 サンバンウル=レイドス
英語 Ssangbangwool Raiders
テンプレートを表示
サンバンウル・レイダース
創設年度 1990年
解散年度 1999年
所属リーグ

韓国野球委員会

歴代チーム名
  • サンバンウル・レイダース(1990年-1999年)
本拠地
全州公設運動場野球場
収容人員 10,000人
全羅北道全州市
永久欠番

なし

獲得タイトル
韓国チャンピオン

なし

成績(タイトル以外)
プレーオフ(1回)(太字は勝利した年)

0勝1敗
1996

準プレーオフ(1回)(太字は勝利した年)

0勝1敗
1997

Aクラス(2回)

1996-1997

Bクラス(7回)

1991-1995、1998-1999

球団組織
オーナー 李義喆(イ・ウィチョル、解散時)
当時サンバンウルグループ副会長
運営母体 サンバンウルグループ
監督 金準桓(キム・ジュンファン、解散時)

サンバンウル・レイダース쌍방울 레이더스、Ssangbangwool Raiders)は、1990年から1999年まで存在した韓国のプロ野球チームである。縁故地(ホームタウン)は全州市

  • 加盟:1990年3月31日
  • 解散:2000年1月6日
  • 通算成績 9シーズン、1140試合455勝655敗30引分、勝率.410

チーム略歴[編集]

1989年のシーズンオフに下着メーカーを中心とする企業グループのサンバンウルを親会社とし、韓国プロ野球8球団目のチームとして創団された。初代監督は金寅植(キム・インシク、現ハンファ・イーグルス監督)。

創設後1年間は二軍リーグだけの準備期間を経て、1991年から一軍のリーグ戦に参加。一軍参加初年度はOBベアーズを抜いて、前年のチャンピオンだったLGツインズと並んで6位で終了。普通の場合、戦力不足で最下位が当然視されている新球団が興行に悪影響をもたらすのではないかと不安視した周囲を驚かせた。しかしその後は初シーズンの勢いが続かず、すぐ最下位候補に定着してしまった。

1995年シーズンオフ、敗北意識が蔓延しているBクラスチームを抜本的に刷新して、Aクラスチームに導く手腕で高い評価を受けている金星根(キム・ソングン)を監督として迎えて、チーム力の底上げに着手、確実にチーム力を向上させた。結果、1996年レギュラー・シーズン2位、1997年には3位に入り、ポスト・シーズンにも進出。1996年は、後1勝で韓国シリーズ進出というところまでチームを漕ぎつけた。この時は本拠地であった全州球場の周りにダフ屋が現れるほど地元の人気も拡大していた。

だが、1998年に起きたアジア通貨危機に伴い親会社が経営危機に陥り、それ以後は主力選手を金銭トレードして球団運営費に充てるという状態が続いた。また2軍戦参加も取りやめ、経費の削減に努めた。それでも1998年こそ6位に踏みとどまったものの、相次ぐ主力選手の放出で戦力は大幅に低下し、Aクラス請負人として迎えられた金星根監督ですら手も足も出せない状態だった。このときは宿泊費の削減のため、大田、光州など、片道200キロ以内の近距離遠征は試合当日移動、遠距離の時は廉価の旅館を転々する惨状であった。

そうまでして、チームを維持しようとする努力もむなしく1999年は132試合で28勝97敗7引分、勝率.224と言う成績しかあげられず、球団は運営費不足で経営できない状態になった。地元での人気も低下し、ホームゲームの観客数が100人を切る事もあった。

結局2000年1月、サンバンウルからの緊急要請を受けてKBOがチームを引き受け、これによりチームは解散した。解散後、SKグループが新球団・SKワイバーンズを創団、解散時のサンバンウルの選手を受け入れた。

通算成績[編集]

年度 順位 公式戦順位 試合数 勝利 敗北 引分 勝率 備考
1991 6 6 126 52 71 3 .425
1992 8 8 126 41 84 1 .329
1993 7 7 126 43 78 5 .361
1994 8 8 126 47 74 5 .393
1995 8 8 126 45 78 3 .369
1996 3 2 126 70 54 2 .563 プレーオフで現代ユニコーンズに2勝3敗で敗退
1997 3 3 126 71 53 2 .571 準プレーオフで三星ライオンズに1勝2敗で敗退
1998 6 6 126 58 66 2 .468
1999 8 4 132 28 97 7 .224 マジックリーグ所属
順位は両リーグ合計、公式戦順位はリーグ内順位
通算 9シーズン 1140 455 655 30 .412

歴代監督[編集]

  • 金寅植(1990-1992)
  • 申鎔均(平山鎔均、シン・ヨンギュン、1993)
  • 韓東和(ハン・ドンファ、1993-1995.5)
  • 金宇烈(キム・ウヨル、1995.5-1995シーズン終了)監督代行
  • 金星根(1996-1999.7)
  • 金準桓(キム・ジュンファン、1999.7-解散)
1999シーズンは監督代行、1999年シーズン終了後、正式監督に昇格したが、チーム解散で正式監督として指揮をとることはなかった。

所属した主な選手[編集]

韓国人選手[編集]

  • 金杞泰(キム・キテ)在籍1991-1998、現起亜タイガース1軍監督
  • 曺圭帝(チョ・ギュジェ)在籍1991-1998
  • 朴勍完(パク・ギョンワン) 在籍1991-1997、現SKワイバーンズコーチ
  • 金圓衡(キム・ウォンヒョン) 在籍1991-1999、現ロッテ・ジャイアンツコーチ
  • 崔泰源(チェ・テウォン) 在籍1993-1999
  • 李晋暎(イ・ジニョン)在籍1999、現KTウィズ

在日韓国人および韓国系日本人選手[編集]