サンドパフォーマンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サンドパフォーマンスまたはサンドアートパフォーマンス(英語:sand art performance)は、を素材として表現を行なう芸術の一種である。 ガラス面に砂を撒きその下から光を当て、その光と影によって砂絵を描き、さらに砂絵を次々と変化させて構成する表現手法が一般に用いられる。

サンドアートパフォーマンスは、オーバーヘッドプロジェクタかライトボックスを使用し、真上に設置したビデオカメラから大画面に映し出される砂絵の物語と、パフォーマーの動きの両方を、観客がその場で観て楽しむライブパフォーマンスである。パフォーマンスを映像に録画し、映像作品として発表されたり、TVコマーシャルプロモーション・ビデオに用いられるケースもある。サンドアートパフォーマンスを行う者を、サンドアートパフォーマーまたはサンドアーティストという。

砂を素材として表現を行なう芸術を総称し「サンドアート」と呼ばれる。

主なサンドアートパフォーマー[編集]

映像作品[編集]

  • セサミ・ストリート (サンド・アルファベット(Sand Alphabet)) (1974-1991)
  • Animando (1987) (watch)
  • ニコロデオン 局ID: サンド・ウォームズ(Sand Worms) (1989)
  • The Erlking (2002):ショートフィルム
  • Tracks (2003):ショートフィルム
  • '’NHKみんなのうた『古いお城のものがたり』

脚注[編集]


外部リンク[編集]