サンドパフォーマンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サンドパフォーマンスまたはサンドアートパフォーマンス(英語:sand art performance)は、を素材として表現を行なう芸術の一種である。 ガラス面に砂を撒きその下から光を当て、その光と影によって砂絵を描き、さらに砂絵を次々と変化させて構成する表現手法が一般に用いられる。

サンドアートパフォーマンスは、オーバーヘッドプロジェクタかライトボックスを使用し、真上に設置したビデオカメラから大画面に映し出される砂絵の物語と、パフォーマーの動きの両方を、観客がその場で観て楽しむライブパフォーマンスである。パフォーマンスを映像に録画し、映像作品として発表されたり、TVコマーシャルプロモーション・ビデオに用いられるケースもある。サンドアートパフォーマンスを行う者を、サンドアートパフォーマーまたはサンドアーティストという。

砂を素材として表現を行なう芸術を総称し「サンドアート」と呼ばれる。

主なサンドアートパフォーマー[編集]

日本の状況[編集]

2011年秋にウクライナのクセニア・シモノバの作品が世界まる見え!テレビ特捜部においてテレビで紹介された事を契機に、その模倣から始めた集団がある一方、砂アニメーションからの流れで、ライブパフォーマンスとして独自の道を歩み出した飯面雅子がおり、砂の性質やサンドパフォーマンスの影絵に似た特性を熟知している意味でも、彼女こそが日本が生んだ真のサンドパフォーマーと言えよう。模倣集団が一目でそれとわかるのは、明らかに前出のクセニア・シモノバのスタイルや画法を真似しているからであり、中には衣装や髪型までそっくり真似して「サンドパフォーマー」を名乗る一派もある。そして総じて画力が低く、アートたらんとする志が無いためか、自分たちが「教えた」と言う芸能人に、テレビ番組内の客観評価の真剣勝負で負けてしまうほどにレベルが低い。
一方では飯面の声掛けで旗揚げされた「日本サンドアート・パフォーマンス協会」に所属する畠田浩平、kisatoと言った、シモノバ模倣派とは明らかに一線を画するパフォーマーが存在することも事実である。

映像作品[編集]

  • セサミ・ストリート (サンド・アルファベット(Sand Alphabet)) (1974-1991)
  • Animando (1987) (watch)
  • ニコロデオン 局ID: サンド・ウォームズ(Sand Worms) (1989)
  • The Erlking (2002):ショートフィルム
  • Tracks (2003):ショートフィルム
  • '’NHKみんなのうた『古いお城のものがたり』

脚注[編集]