サンデーショック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サンデーショックは、日本の首都圏における中学入試で使われる用語である。キリスト教にゆかりの深い中学校は日曜日を受験日とすることを避けることから、入試集中日と日曜日が重なることで、例年と併願校の組み方などの入試戦略が大幅に変化する事象を指す。それらの学校のことをミッションスクールと総称するため、ミッションショックとも呼ばれることがある[要出典]

背景[編集]

東京や神奈川では私立学校間の協定により、帰国子女入試を除き入試開始日を2月1日としている。このため東京・神奈川の大部分の私立中学校が2月1日から5日を入試日としており、特に難関校は1日に集中している。 他方、一般的にキリスト教系の学校は、日曜日に行う日曜礼拝と重ならないよう、例年入試を行っている日が日曜にあたることとなった場合には、入試日を変更することが多い(特にプロテスタント校)[要出典]

2月1日
初日の2月1日が日曜日にあたると、プロテスタント校の一部は試験日を翌日月曜日の2日に変更する。このような試験日の設定変更に伴って、いわゆる併願できる学校とできない学校の組み合わせが例年と変わる。通常1日を試験日としている学校で、試験日を移さない学校と移す学校の併願が可能となる一方、そのような併願をする生徒が多いと通常2日を試験日としている学校を受験する生徒の母集団が大きく変わる。
試験日を変更する学校群の中には有名校・難関校とされる学校も含まれるため、非キリスト教系の学校でもそれにあわせて入試日を変えたり、各校の偏差値が変わったりする。プロテスタント系の中学校は女子校に多いため、特に首都圏女子への影響が大きい。このことをサンデーショックという。
例えばいわゆる首都圏女子御三家桜蔭女子学院雙葉)の入試は通常2月1日のため、通常は御三家同士の併願は不可能だが、女子学院はプロテスタントの学校であるため、2月1日が日曜日の場合試験日程をずらす(これまでの例では2月2日)。このため、通常は不可能な御三家同士の併願(桜蔭と女子学院、雙葉と女子学院)ができる。御三家への受験のチャンスが2回に増える一方、例年は3校に分散される偏差値上位の受験生の集中が発生するため、各校とも競争の激化・合格ラインの上昇が起こる。特に桜蔭と雙葉両校の受験生が流入する2日の女子学院入試は熾烈なものとなる。反面、例年は女子御三家受験者の第二志望校として選択されるような2日入試の学校に「ポケット」が発生しやすくなり、そこを読んで高めの合格を狙うなど、御三家を受験しない受験生にも少なからぬ影響が出る。
2月2・3日
また2日、3日にも多くの学校の入試があるため、2日、3日が日曜になることをプチ(ミニ)サンデーショックという。この場合、前掲の1日試験実施校が例年の合格発表日や入学手続き日を相前後させるので、周辺校や受験生に少なからず影響がある[要出典]

由来[編集]

併願可能校が増えるなどのメリットを享受する側からは、サンデーチャンスミッションチャンスとも呼ばれる反面、例年の併願パターンが通用しない中、強気で臨んだ結果、どの志願校にも合格しないことが少なからずある[要出典] ことが由来である。

2/1 2/2 2/3 該当年
サンデーショック 日曜 月曜 火曜 1981年1987年1998年2004年2009年2015年
プチサンデーショック 土曜 日曜 月曜 1986年1992年1997年2003年2014年
金曜 土曜 日曜 1980年1985年1991年2002年2008年2013年

外部リンク[編集]