サンディエゴ・コンキスタドアーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サンディエゴ・コンキスタドアーズ(San Diego Conquistadors)は、アメリカ合衆国に存在したABAのバスケットボールチームである。 チームはカリフォルニア州サンディエゴを本拠地として、またABAの歴史上唯一のエキスパンションチームであった。チームは1972年から1975年まで存続し、最初はコンキスタドアーズ、その後サンディエゴ・セイルズとなった。

歴史[編集]

1973-74シーズン、プレイオフ進出が決まった後、チームはウィルト・チェンバレンと60万ドルでプレイヤーコーチとして契約した。しかしロサンゼルス・レイカーズがスターだったチェンバレンが新しいチームでプレイすることを妨害し、[1]彼はコーチとしてしか7フィート1インチの巨体を見せることができなかった。このことは彼の自叙伝に記載されている。この年チームはプレイオフに進出したが1回戦で敗退した。

3シーズン目の1974-75シーズンにチームはチェンバレンを失ったがようやくサンディエゴ・スポーツアリーナSan Diego Sports Arena)を手に入れた。しかしチェンバレンを失ったチームはサンディエゴ市民から無視され続けた。

1975年、チームはデンバー・ナゲッツの共同オーナーとして成功したフランク・ゴールドバーグに売却された。彼はチーム名をサンディエゴ・セイルズと名前を変えて、ミネソタ大学のコーチだったビル・マッセルマンBill Musselman)と契約した。そして1974-75シーズンの中堅チームからチャンピオンシップを狙えるチームへの変貌を狙った。

しかしセイルズは、1975年10月24日の開幕戦にわずか3,060人しかあつめることができず、ナゲッツへの敗北、3勝8敗でのシーズンスタートなどでさらに減ってしまい、3試合目のホームゲーム、サンアントニオ・スパーズとの試合では1,670人となってしまった。ゴールドバーグはすぐにサンディエゴがABAとNBAの合併話から外されていることを知った。伝えられるところではレイカーズのオーナーがカリフォルニア州南部にチームよりさらに南に新チームが加わるのを拒んだという。

ゴールドバーグはファンのサポートのなさと、将来的な見通しのなくなったことにより11月12日にチームを解散した。

サンディエゴの崩壊に続いてボルチモア・クロウズBaltimore Claws)とユタ・スターズのチームも失敗に終わり、ABAは7チームとなってしまった。そしてリーグの消滅が早まった。NBAは1976年にリーグに4チームを吸収した。

サンディエゴのNBAチーム[編集]

1967年から-1971年、サンディエゴにはサンディエゴ・ロケッツがあった。ヒューストン大学University of Houston)出身で後にワシントン・ブレッツのスター選手となるエルヴィン・ヘイズを獲得したが十分な支持がされなかった。チームはテキサス州ヒューストンに移転、ヘイズは愛情的な地元のファンに迎えられた。1978年にはNBAのバッファロー・ブレーブズが移転してきたが、1984年にロサンゼルス・レイカーズが存在していたにも関わらずロサンゼルスへ移転して、ロサンゼルス・クリッパーズとなった。その後サンディエゴにプロバスケットボールチームはできていない。

歴代ヘッドコーチ[編集]

  • K・C・ジョーンズK.C. Jones) 1972-73
  • ウィルト・チェンバレン(Wilt Chamberlain) 1973-74
  • アレックス・グローザ(Alex Groza) 1974-75
  • ベリル・シプリー(Beryl Shipley) 1974-75
  • ビル・マッセルマン(Bill Musselman) 1975-76

脚注[編集]

  1. ^ 1年間のオプション契約を残していたため異なるリーグでもプレイできないと主張した。

外部リンク[編集]