サンダー (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サンダー
プロフィール
リングネーム サンダー
サンダーバード
タイパン
本名 ルーク・フォードワード
ニックネーム オージー・ルチャドーラー
ラ・ムラージャ・オーストラリアーナ
身長 195cm
体重 120kg
誕生日 1981年????
死亡日 (2016-06-30) 2016年6月30日(35歳没)
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア
Flag of New South Wales.svgニューサウスウェールズ州
マラバー
トレーナー エル・サタニコ
デムス316
トニー・サラザール
フランコ・コロンボ
デビュー 2007年
テンプレートを表示

サンダーThunder)のリングネームで知られるルーク・フォードワードLuke Fordward1981年 - 2016年6月30日)は、オーストラリアプロレスラーニューサウスウェールズ州マラバー出身[1]

来歴[編集]

2007年タイパンTaipan)のリングネームでプロレスラーデビューを果たす。

2010年10月、スペル・デルフィン沖縄にて主宰する沖縄プロレスに参戦。

2013年1月、メキシコのメジャー団体であるCMLLと契約を交わし入団。ヘビー級ながらも空中技が得意な事からCMLLデビュー前よりプロモーションが展開されるなど期待される存在となる。28日、ラ・マスカラ & ルーシュと組んでアベルノ & エル・テリブレ & メフィストと対戦してCMLLデビュー戦を勝利で飾った。

5月19日、エル・サグラド & スメーカーと組んで新日本プロレス所属の中邑真輔 & OKUMURA & マレフィコと対戦して勝利。トリオマッチでの出場が中心となっていたが10月1日、CMLL世界タッグ王座挑戦権争奪トーナメントにトリトンと組んで出場。1回戦でロス・インデペンディエンテスクラネオ & モーフォシス)と対戦するが敗戦した。12月に故障し、長期離脱となる。

2014年2月、復帰するも2試合の出場に留まり、再び長期欠場となる。

9月19日、CMLL年間最大のイベントであるAniversarioにてルードとして電撃復帰を果たす。エウフォリア & ミステル・ニエブラと組んでボラドール・ジュニア & バリエンテ & マスカラ・ドラダと対戦して敗戦したものの観客へインパクトを与えた。以降、ウルティモ・ゲレーロ率いるルードユニットであるロス・ゲレロス・ラグネロスにメンバー入りして活動している。

2016年6月30日、死去。35歳没。死因は肺癌であった[2]

得意技[編集]

  • スウィンギング・サイドスラム
フィニッシャー

入場曲[編集]

  • Thunderstruck - AC/DC
  • Hells Bells - AC/DC

脚注[編集]

  1. ^ Thunder”. Wrestlingdata.com. 2016年7月16日閲覧。
  2. ^ Falleció exluchador del CMLL Thunder”. MedioTiempo.com. 2016年6月30日閲覧。

外部リンク[編集]