サンダース・ロー ラーウィック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Saunders-Roe Lerwick

サンダース・ロー ラーウィック (Saunders-Roe Lerwick) は、第二次世界大戦初期にイギリス空軍で使用されたサンダース・ロー社製の飛行艇である。イギリス空軍としては2番目に採用された単葉飛行艇で、1940年から沿岸航空隊に洋上偵察機哨戒機として配備された。しかし、エンジンの不調、安定性不良等のトラブルが多く、1941年5月にはコンソリデーテッド PBY カタリナに置き換えられてしまった。その後、カナダ空軍に配備されたが短期間使用された後、全機退役した。

スペック[編集]

  • 全幅: 24.65 m
  • 全長: 19.40 m
  • 全高: 6.10 m
  • 全備重量: 15,160 kg
  • エンジン: ブリストル ハーキュリーズ 2 空冷14気筒 (1,375 hp) × 2
  • 最大速度: 343 km/h
  • 航続距離: 2,478 km
  • 武装
    • 7.7mm機銃 × 7
    • 爆弾 907 kg
  • 乗員: 6名

関連項目[編集]