サンタ・アポローニャ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
(国鉄) サンタ・アポローニャ駅
Lisbona stazione ferroviaria Santa Apolonia.JPG
Estação Ferroviária de Lisboa-Santa Apolónia
所在地 ポルトガルの旗 ポルトガル リスボン Av. Infante D. Henrique[1]
所属路線 ポルトガル 北線ポルトガル語版
アザンブジャ線 アザンブジャ線
駅構造 地上駅
開業年月日 1865年5月1日[2]
(メトロ)サンタ・アポローニャ駅
Metro der Lisboa - Estação Santa Apolónia (8215862134).jpg
Estação Santa Apolónia
所在地 ポルトガルの旗 ポルトガル リスボン
所属路線 青線リスボンメトロ 青線
駅構造 地下駅
開業年月日 2007年12月[3]

サンタ・アポローニャ駅ポルトガル語: Estação Ferroviária de Lisboa-Santa Apolónia)はポルトガル首都リスボンにあるターミナル駅である。リスボンでは最も古いターミナル駅で1865年5月1日に開業[2]した。歴史的な地区であるアルファマ地区に位置している。

駅の北には17世紀に建てられたサンタ・エングラシア教会サン・ヴィセンテ・デ・フォーラ修道院が、西側には軍事博物館があり、駅の南東側はテージョ川に面した岸壁になっている。

歴史[編集]

1891年から1957年にかけてリスボンでのターミナル駅の機能は中央駅としても知られたロシオ駅が担っていた。今日ではリスボンでのターミナル駅としての機能はオリエンテ駅とサンタ・アポローニャ駅が担っており、リスボン近郊列車アザンブジャ線の他、ポルトガル鉄道が運行する特急にあたるアルファ・ペンドゥラール、急行にあたるインターシティ、スペイン方面へ向かう国際夜行列車トレンオテル(ルシタニア号・マドリード行)やシュド・エクスプレス(イルン行)などが発着する。多数のバスが発着するほか2007年リスボンメトロの駅が開業し、利便性が向上した。

路線[編集]

ポルトガル鉄道 サンタ・アポローニャ駅[編集]

2015年夏ダイヤ現在、平日の主な運行路線及び発着頻度は次の通り[4]

国際列車
マドリード(スペイン)行きLusitânia Expresso(1日1本)
アンダイエ(フランス)行きSud Expresso(1日1本)
高速列車 アルファ・ペンドゥラール
サンタ・アポローニャ駅とポルト=カンパニャン駅またはブラガ駅間の列車(1日9本)
インターシティ
サンタ・アポローニャ駅とポルト=カンパニャン駅またはブラガ駅間の列車(1日8本)
サンタ・アポローニャ駅とCovilhã駅間の列車(1日3本)
サンタ・アポローニャ駅とグアルダ駅間の列車(1日3本)
アザンブジャ線 アザンブジャ線
Azambuja - サンタ・アポローニャ駅|サンタ・アポローニャ間の列車:1時間に1本〜2本(所要時間55分)

リスボンメトロ サンタ・アポローニャ駅[編集]

2014年冬ダイヤ現在、リスボンメトロ 青線の平日昼間の運行間隔は6分55秒、朝の通勤時間帯には最短4分55秒間隔、夕方の通勤時間帯には最短5分20秒間隔で運行されている[5]

参考文献[編集]