サンスキ・モスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サンスキ・モスト
Sanski Most
Sanski Most
Сански Мост
サンスキ・モスト市街の広場
サンスキ・モスト市街の広場
サンスキ・モストの市旗 サンスキ・モストの市章
基礎自治体 基礎自治体
位置
ボスニア・ヘルツェゴビナでのサンスキ・モストの位置の位置図
ボスニア・ヘルツェゴビナでのサンスキ・モストの位置
座標 : 北緯44度45分53秒 東経16度39分53秒 / 北緯44.76472度 東経16.66472度 / 44.76472; 16.66472
行政
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
 構成体 ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦の旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦
  ウナ・サナ県
 基礎自治体 サンスキ・モスト
市長 Sanjin Halimović
SDA
地理
面積  
  基礎自治体 781 km2
標高 158 m
人口
人口 (2007年現在)
  基礎自治体 44,859人
    人口密度   57人/km2
その他
等時帯 CET (UTC+1)
夏時間 CEST (UTC+2)
市外局番 37
公式ウェブサイト : sanskimost.gov.ba

サンスキ・モストボスニア語: Sanski Most,クロアチア語: Sanski Most,セルビア語: Сански Мост)はボスニア・ヘルツェゴビナ北西部の都市及び基礎自治体である。ボスニア・ヘルツェゴビナを構成する構成体のうち、ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦ウナ=サナ県に属する自治体で、ボサンスカ・クライナ地方のサナ川河畔にありプリイェドルクリュチの間に位置する。

歴史[編集]

現代のサンスキ・モストがある場所は、古代の記録や研究者の調査によれば地理的な好条件からすでに先史時代より人が居住していたとされる。ローマ人がやって来る以前は、イリュリア人の部族が居住していたとされるが、中世までははっきりとした記録は残されていない。最も古いある文書は、1244年7月20日の物でベーラ4世がこの地の教区に言及したものに遡る。1500年になると、サナ地域はオスマン帝国の支配下に入り以後300年間にわたりオスマンの統治下が続く。

1800年代に入るとオスマン帝国の力は次第に衰え、ハプスブルクの影響力が拡大する。これに伴って、民族の構成も大きく変わった。オーストリア=ハンガリー帝国支配時には他の地域と同様に開発が進展した。第一次世界大戦にはサンスキ・モストを含む周辺はヴルバスカ自治州の一部であった。第二次世界大戦時にはパルチザンの抵抗の地となっている。

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争時の1992年から1995年にかけて、サンスキ・モストはセルビア人勢力であるスルプスカ共和国の支配下にあった。この時期、非セルビア系の住民は虐殺されるか、土地を追われたりするなど民族浄化に遭っている。1995年10月になると市内には、ボスニア=ヘルツェゴビナ軍が紛争終結間近に進軍し、それが要因となり今度は多くのセルビア系の住民が町を逃れることとなった。2004年オシュトラ・ルカ(Oštra Luka)がサンスキ・モストから分離しスルプスカ共和国に属する自治体となっている。

人口・民族構成[編集]

民族構成
セルビア人  % ボシュニャク人  % クロアチア人  % ユーゴスラビ人  % その他  % Total
1961年 19,156人 48.52% 12,350人 31.28% 4,844人 12.27% 3,014人 7.63% --人 --% 39,483人
1971年 30,422人 48,98% 24,839人 39,99% 6,307人 10,15% 195人 0,31% 339人 0,57% 62,102人
1981年 26,619人 42.61% 27,083人 43.36% 5,314人 8.51% 2,936人 4.70% --人 --% 62,467人
1991年 25,363人 42.05% 28,136人 46.65% 4,322人 7.16% 1,247人 2.06% 1,239人 2.08% 60,307人
  • 1961年以降、町の面積は倍になっているが人口の増加は僅かで、1991年のサンスキ・モスト市街の人口は17,144人である。

ゆかりの人物[編集]

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]