サンジャイ・ガーンディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サンジャイ・ガーンディー
Sanjay Gandhi
संजय गांधी
生年月日 1946年12月14日
没年月日 1980年6月23日
死没地 ニューデリー
所属政党 インド国民会議
配偶者 メーナカー・ガーンディー
テンプレートを表示

サンジャイ・ガーンディー(英語:Sanjay Gandhi、ヒンディー語:संजय गांधी 1946年12月14日 - 1980年6月23日)は、インドの政治家で、インディラー・ガーンディー元首相、政治家フィローズ・ガーンディーの次男。ネルー・ガーンディー・ファミリーの一員であった。政治家メーナカー・ガーンディーの夫であり、政治家ヴァルン・ガーンディーの父でもある。

経歴[編集]

学生時代[編集]

サンジャイは、兄ラージーヴ・ガンディーと共に、インドにあるウェルハム・ボーイズ学校で1学年から6学年まで、7学年から12学年までをインド・デヘラードゥーン のドゥーン学校で過ごした。8学年から11学年まではインド・デリーにある聖コルンバ学校に通った。サンジャイは大学には行かなかったが、英国クルーのロールス・ロイスで働いた。また、サンジャイはパイロットの免許を取得した。

国民車構想[編集]

1971年、インディラー・ガーンディー内閣は「国民車」の生産の計画を打ち出した。中産階級の市民が安く手に入れられる国民車である。サンジャイは独占的生産免許を与えられ、批判もあったが、1971年の第三次印パ戦争の勝利によって批判はかき消されていった。インド最大手のマルチ・ウドヨグ(現:マルチ・スズキ)はサンジャイ・ガーンディーによって設立された。

非常事態宣言[編集]

1974年、野党の主導による抗議活動によって、国全体に混乱が拡大した。1975年6月26日インディラー・ガーンディー首相に非常事態宣言が出された。選挙の延期、報道の検閲、反対者の逮捕などがなされた。そんな中、サンジャイ・ガーンディーはインディラー・ガーンディーのアドバイザーとしての地位を高めた。サンジャイは大臣や議員といった地位にはなかったが、彼はインディラーとその政府への影響力を強めていった。多くの大臣が抗議のために辞職した一方、サンジャイが後任者を任命したと報じられている。

人口抑制計画[編集]

サンジャイは人口抑制のために家族計画を主導し、実行した。それは精管の強制切除であった、また、女性の避妊手術も含まれる。正式には2人以上の子供がいる男性は精管切除をしなければならなかった。しかし、インドの家族観や文化、伝統により、この計画は激しい批判にさらされ、打ち切りとなった。

インディラーの退陣と復帰[編集]

インディラー・ガーンディー首相は非常事態宣言を終了し、1977年総選挙を行った。インディラー・ガーンディー率いるインド国民会議派は敗北し、ジャナター党が勝利を収めた。ジャナター党政府は非常事態時の調査を開始し、虐待、拷問、収賄の容疑でインディラーとサンジャイを逮捕したが、証拠不十分ですぐに釈放された。ジャナター党は自ら崩壊し始め、新しく総選挙が実施された。1980年、インド国民会議派が勝利し、インディラーは首相に復帰した。サンジャイもウッタル・プラデーシュ州アメーティー選挙区で立候補し、国会議員として当選した。

最期[編集]

1980年6月23日、サンジャイ・ガーンディーは自ら操縦する航空機の事故により、ニューデリーで死亡した。