サンゴヘビ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サンゴヘビ属
Coral snake.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Spuamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: コブラ科 Elapidae
: サンゴヘビ属 Micrurus
  • (本文参照)

サンゴヘビ属(サンゴヘビぞく、Micrurus)は、有鱗目コブラ科に属する属。特定動物

分布[編集]

北アメリカ大陸南アメリカ大陸

形態[編集]

頭部は丸い。赤、白、黒の横帯が入る。別科のキングヘビ属の構成種等では本属の構成種に類似した形態を持ち、擬態をしていると考えられている。

[編集]

毒は神経毒。一般的に毒は獲物に注入して、獲物の神経を麻痺させた後に捕食するために用いる。 ブラジルサンゴヘビ神経毒は、ヘビのなかでは一番強いと言われている。

生態[編集]

砂漠から森林まで様々な環境に生息する。地表棲。夜行性

食性は動物食で、魚類両生類、小型爬虫類、鳥類や卵、小型哺乳類、昆虫、節足動物等を食べる。

繁殖形態は卵生。

分類[編集]

人間との関係[編集]

毒性は種にもよるが総じて強毒種のため、噛まれてすぐに適切な治療を受けなかった場合は命を落とすこともある。

参考文献[編集]

  • クリス・マティソン 『ヘビ大図鑑』、森光社、2000年、180頁。

関連項目[編集]