サルヴィ・ハープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Salvi "Diana"

サルヴィハープ英語: Salvi Harps)は、イタリアハープメーカー。

概要[編集]

ニューヨーク・フィルハーモニック交響楽団のハーピストであったヴィクトール・サルヴィが、1955年に自ら設計したのが始まり。

日本では銀座十字屋ハープ&フルートサロンというハープ教室を運営する銀座十字屋が輸入総代理店となっている。

沿革[編集]

創業者ヴィクトール・サルヴィ英語版(1920年 – 2015年)の生まれたサルヴィ一家は、もともとハープ作りで有名な南イタリアの小さな町ヴィッジャーノバジリカータ州ポテンツァ県)の出身であり、第一次世界大戦の戦火を逃れるようにアメリカへ移った。1920年、ヴィクトール・サルヴィはシカゴで生まれた。

ヴィクトールの父は楽器職人であり、兄や姉はハーピストであった。その影響でヴィクトール自身もハープという楽器に惹き付けられ、ハーピストとなり、そしてハープの設計を始めた。

1955年、ヴィクトール(当時はニューヨーク・フィルハーモニックNBC交響楽団に所属するハーピストであった)が、自らハープを設計したのがサルヴィハープの始まりである。

その後、イタリアのジェノヴァ郊外ヴィラ・マリアにハープ工場を建設。その後、北イタリアのピアスコピエモンテ州クーネオ県)に工場を移転。

現在もハープは一台一台熟練した職人の手で作られている。

製品[編集]

現在はペダルハープ18種類、レバーハープ8種類を生産している。

金箔や彫刻を施した豪華なものから、アンプにつなげるエレクトリックハープ、練習用の安価なものまで、様々な種類がある。

ちなみに最も高価なハープは「Victor Salvi 50th Anniversary」で、日本では1,365万円で販売されている。 また、最も安価なハープは「JUNO」で、日本では18万3,750円で販売されている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]