サルヴァトーレ・サンペリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サルヴァトーレ・サンペリ
Salvatore Samperi
生年月日 (1944-07-26) 1944年7月26日
没年月日 (2009-03-04) 2009年3月4日(64歳没)
出生地 イタリア王国の旗 イタリア王国パドヴァ
死没地 イタリアの旗 イタリアローマ
国籍 イタリアの旗 イタリア

サルヴァトーレ・サンペリイタリア語: Salvatore Samperi1944年7月26日2009年3月4日)は、イタリアパドヴァ出身の映画監督

略歴[編集]

パドヴァ大学へと通い、哲学文学を専攻していたが1968年に学生運動に参加したことより中退する。この経験より、彼の初期の映画のテーマ、反ブルジョワが培われるようになった。退学した同年より映画を作り始め、最初の映画 Grazie, Zia第21回カンヌ国際映画祭で上映された。

1973年には映画『青い体験』が第23回ベルリン国際映画祭で上映されたほか、主演のラウラ・アントネッリナストロ・ダルジェント賞主演女優賞を受賞した。1974年にはその続編『続・青い体験』を発表している。

2009年3月4日ローマ郊外にある自宅で死亡した[1]

主な監督作品[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]