サルモレッホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Salmorejo cordouan.JPG

サルモレッホまたはサルモレーホ(西: Salmorejo)は、スペイン南部アンダルシア地方コルドバに伝わるトマトパンから作るクリーム状のスープである。完熟トマト、乾燥させたパン、オリーブオイルニンニク等を原料として作られる。通常、トマトの皮を剥き、他の材料とともにピューレにして作る。このスープは、冷たいまま供され、ハモン・セラーノや固ゆで卵を切ったものがトッピングとして乗せられることもある[1]。色はピンク色からオレンジ色で、調理法や材料はガスパチョに似ているが、パンをより多く使っているため、もっとどろっとしている。

アンダルシアには、アルドリア(ardoria)やほぐしたツナをトッピングしたポーラ・アンテケラーナ英語版という類似の料理がある。酢やトマトの酸味とスープ自体の冷たさによって、飲むとさっぱりする。現地の人は、暖かい夏の日に日陰で飲むことを好む。

カナリア諸島の料理にも、同じくサルモレッホと呼ばれるマリネに似た調理法がある。カナリア諸島のサルモレッホには、塩、ニンニク、パプリカコショウ等が用いられる。島の伝統料理コネホ・エン・サルモレッホスペイン語版は、サルモレッホに漬け込んだウサギ肉をフライパンで焼いてから、煮詰めたサルモレッホに戻して煮込んで仕上げる。

代表的なレシピ[編集]

様々なバリエーションがあるが、バールや家庭で作られる代表的なレシピは、次のようなものである。

材料[編集]

  • トマト 450g
  • ニンニク 1/2片
  • 白パン 50g
  • 酢 小さじ1-2
  • オリーブオイル

トッピング[編集]

  • ハモン・セラーノ
  • 固ゆで卵

調理法[編集]

トマトの皮を剥き、芯を取り除く。ミキサーを用いてトマトとニンニクをジュース状にし、酢と調味料を加える。柔らかくなるまでパンを水に浸し、水を絞る。半分のパンを加え、滑らかになるまで撹拌する。残りのパンと少量のオリーブオイルを加え、滑らかなクリーム状になるまで撹拌する。スープを冷やし、浅いボウルに盛り付け、ハムと卵をトッピングして、焼き立てのパンとともに提供する。

出典[編集]

  1. ^ Teresa Barrenechea, Christopher Hirsheimer, Jeffrey Koehler, (2005), The cuisines of Spain: exploring regional home cooking, New York, Ten Speed Press, ISBN 1580085156, pag. 67