サルメ郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サルメ郡

Salme vald
サルメ郡の旗
サルメ郡の紋章
紋章
サーレ県(黄色)、サルメ郡(赤)の地図.
サーレ県(黄色)、サルメ郡(赤)の地図.
Flag of Estonia.svg エストニア
Saaremaa lipp.svg サーレ県
Administrative centre サルメ
政府
 • 村長 Kalmer Poopuu
面積
 • 合計 115.07 km2
人口
(01.01.2009)
 • 合計 1,249人
 • 密度 11人/km2
ウェブサイト www.salmevald.ee

サルメ郡エストニアサーレ県にある郡である。サルメ郡はサーレマー島ソールベ半島の北半分を占めている。

サルメ郡のサルメ村では2008年と2010年にヴァイキング時代ヴァイキング船の遺構が相次いで発見され、これらの船はサルメ船英語版と名づけられた。船は当時の風習にならい船葬墓として使用されており、ヴァイキング戦士40体の遺骨が武具などの装飾品と共に発見された。サルメ船は紀元650-700年に建造されたと判明し、今まで考えられていたバイキング時代の開始793年を約100年遡る遺構の発見となった[1][2]

参考文献[編集]

See also[編集]

座標: 北緯58度09分41秒 東経22度14分59秒 / 北緯58.16139度 東経22.24972度 / 58.16139; 22.24972