サルトリイバラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サルトリイバラ
Smilax china
Smilax china
(2008年5月23日、神奈川県川崎市
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: ユリ目 Liliales
: サルトリイバラ科 Smilacaceae
: シオデ属 Smilax
: サルトリイバラ S. china
学名
Smilax china
L.[1]
英名
China root
変種品種[2]
  • S. c. var. kuru
  • コミノサルトリイバラ S. c. var. igaensis
  • トキワサルトリイバラ S. c. var. yanagitae
  • キミノサルトリイバラ S. c. f. xanthocarpa

サルトリイバラ(猿捕茨、学名: Smilax china)は、サルトリイバラ科(またはユリ科シオデ属分類される多年生植物(半低木)。漢語で「菝葜」と書く。ガンタチイバラカカラともいう[3]

形態・生態[編集]

草丈70〜350cmほどで、這うように伸び、は硬く緑色で、が所々に生える[4][5][6]

互生し、形または広楕円形で先端が尖り、基部は円く、硬く表面には光沢があり、3〜5本の葉脈がある[4][5][6]

雌雄異株で、4〜5月になると葉腋より散形花序を伸ばし、多数のを付ける。花は淡黄色で、6枚の花被片は先端が反り返る。雄花には雄蘂が6本、雌花には子房が3室・柱頭が3本ある[4][5][6]

果実は直径7mm程度の形の液果で、に熟すと赤くなる[4][5][6]

ルリタテハ幼虫食草とする[7][8]

分布[編集]

東アジア中国朝鮮半島日本)に分布する。日本では北海道から九州までの山野や丘陵の林縁などに自生し、日が当たり水はけのよい場所を好む。

中国では近縁種のサンキライも自生する。

人間とのかかわり[編集]

根茎は薬用に使われる。四国地方などの関西圏以南では、葉を柏餅を包むのに用いる。

園芸用では、庭園の添景木や、赤く熟す果実は生花にも用いられる。繁殖は3月頃に播種する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Smilax china L.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年12月6日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “BG Plants簡易検索結果表示”. 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList). 千葉大学. 2013年12月6日閲覧。
  3. ^ 樹に咲く花』 492頁。
  4. ^ a b c d 鈴木庸夫 『葉・実・樹皮で確実にわかる樹木図鑑』 日本文芸社〈実用best books〉、2005年、215頁。ISBN 4-537-20354-4
  5. ^ a b c d 『原色野草検索図鑑 単子葉植物編』 池田健蔵・遠藤博編、北隆館1997年、29頁。ISBN 4-8326-0386-8
  6. ^ a b c d 『原色園芸植物大図鑑』 本田正次ほか監修、北隆館1984年、599頁。全国書誌番号:85015870ISBN 4-8326-0003-6OCLC 15399897
  7. ^ 猪又敏男編・解説・松本克臣写真 『蝶』 山と溪谷社〈新装版山溪フィールドブックス〉、2006年(原著1996年)、205頁。ISBN 4-635-06062-4
  8. ^ 森上信夫・林将之 『昆虫の食草・食樹ハンドブック』 文一総合出版2007年、32頁。ISBN 978-4-8299-0026-0

参考文献[編集]

  • 茂木透写真 『樹に咲く花 合弁花・単子葉・裸子植物』 高橋秀男・勝山輝男監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2001年、492-493頁。ISBN 4-635-07005-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]