サリーマ・スルターン・ベーグム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サリーマ・スルターン・ベーグム
سلیمہ سلطان بیگم
ムガル帝国后妃

出生 1539年2月23日
不詳
死去 1612年12月27日
デリー
埋葬 アーグラ
配偶者 バイラム・ハーン
  アクバル
子女 ムラード
父親 フワージャ・ヌールッディーン・ムハンマド・ミールザー
宗教 イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示

サリーマ・スルターン・ベーグムウルドゥー語: سلیمہ سلطان بیگم‎, Salima Sultan Begum, 1539年2月23日 - 1612年12月27日)は、北インドムガル帝国の第3代皇帝アクバルの妃。宰相バイラム・ハーンの元妻でもあった。

生涯[編集]

1539年2月23日フワージャ・ヌールッディーン・ムハンマド・ミールザーの娘として生まれた[1]

1557年11月、サリーマはバイラム・ハーンジャランダルで結婚し、その妻となった[2]

1561年、夫バイラム・ハーンが失脚し、殺害されると、同年9月以降に帝国の皇帝アクバルと結婚した[3]

1612年12月27日、サリーマはデリーで死亡した[4]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Delhi 4
  2. ^ Smith, Vincent Arthur (1919). Akbar: The Great Mogul 1542-1605. Clarendon Press. p. 40,310 
  3. ^ Delhi 4
  4. ^ Delhi 4