サリチルアルデヒド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サリチルアルデヒド
識別情報
CAS登録番号 90-02-8
日化辞番号 J10.607K
KEGG C06202
特性
化学式 C7H6O2
モル質量 122.12 g mol−1
外観 無色液体
密度 1.167 g/cm3
融点

−7℃

沸点

196–197℃

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

サリチルアルデヒド (salicylaldehyde) とは、有機化合物の一種で、ベンズアルデヒドのオルト位(2位)がヒドロキシ基で置換された構造を持つ。合成中間体、香料などの用途に利用される無色の液体で、アーモンド様の苦みのある臭いを持つ。消防法による第4類危険物 第3石油類に該当する[1]

フェノールに対しクロロホルムと強塩基が作用するとサリチルアルデヒドが生成する。この反応はライマー・チーマン反応と呼ばれる。工業的にはα-クレゾールから合成される。

ライマー・チーマン反応

2分子のサリチルアルデヒドがエチレンジアミンと縮合したイミンサレンと呼ばれ、配位子として有機金属化学で利用される。

香料としてはバターカラメルナッツシナモンやフルーツ系のフレーバーに少量使用される。 ラットに対する急性経口毒性は半数致死量0.9mg/kg、ウサギに対する急性経皮毒性は半数致死量3.0mg/kg。

脚注[編集]

  1. ^ 法規情報 (東京化成工業株式会社)

参考文献[編集]