サラ・イ・ゴメス島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サラ・イ・ゴメス島
Salaygomez.jpg
サラ・イ・ゴメス島
地理
座標 南緯26度28分20秒 西経105度21分45秒 / 南緯26.47222度 西経105.36250度 / -26.47222; -105.36250座標: 南緯26度28分20秒 西経105度21分45秒 / 南緯26.47222度 西経105.36250度 / -26.47222; -105.36250
面積 0.15 km2 (0.058 sq mi)
最高標高 30 m (100 ft)
行政
バルパライソ州
サラ・イ・ゴメス島はイースター島(赤色)の北東に存在する。
サラ・イ・ゴメス島の地形図

サラ・イ・ゴメス島(Isla Salas y Gómez Island)は、太平洋イースター島の北東付近に位置するチリ領の絶海の孤島であり、火山性の岩肌がむき出した小島である。ポリネシアの東端に位置する。

最高標高は30mで、島の南東部にある。

概要[編集]

1793年にスペイン人ホセ・サラス・バルデスによって発見された。それは、1805年にホセ・マヌエルによって詳述している。その他の探検では1806年、1817年、1825年、1875年、1917年と島に着いている。

日本領有打診[編集]

1937年6月上旬、チリから在チリ国公使三宅哲一郎を通じて、イースター島と共に大日本帝国へ売却に打診があったが同年6月30日に三宅公使がチリ国大統領アルトゥーロ・アレッサンドリ・パルマと謁見した際にイギリスアメリカ合衆国にも売却の打診を行ったことを告げられたため、しばらく静観するのが得策と報告し、結局購入しなかった[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]