サラリーマン金太郎 (高橋克典のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サラリーマン金太郎 > サラリーマン金太郎 (高橋克典のテレビドラマ)
サラリーマン金太郎
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
監督 森田光則
富田勝典
倉貫健二郎
鈴木利正
高野英治
鈴木利正
加藤章一
田沢幸治
原作 本宮ひろ志
脚本 中園健司
原田菜緒子
関根俊夫
出演者 高橋克典
羽田美智子
秋野太作
保阪尚希
野際陽子
津川雅彦
第1期
放送時間 日曜21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1999年1月10日 - 3月21日(11回)
プロデューサー 森田光則
オープニング THE ALFEE希望の鐘が鳴る朝に
スペシャル
放送時間 日曜21:00 - 22:54(114分)
放送期間 1999年10月3日(1回)
オープニング TUBEIN MY DREAM
第2期
放送時間 日曜21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2000年4月9日 - 7月2日(12回)
プロデューサー 森田光則
オープニング 織田哲郎キズナ
第3期
放送時間 日曜21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2002年1月6日 - 3月17日(11回)
プロデューサー 森田光則
倉貫健二郎
オープニング 高橋克典「熱くなれ!」
第4期
放送時間 木曜21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2004年1月15日 - 3月18日(10回)
プロデューサー 森田光則
オープニング THE ALFEE「希望の橋
テンプレートを表示

サラリーマン金太郎』(サラリーマンきんたろう)は、本宮ひろ志の『サラリーマン金太郎』を原作とし、TBSによって製作された日本の実写映像化作品シリーズ。製作プロダクションはドリマックス・テレビジョン。主演は高橋克典[1]

第1期は、1999年1月10日から3月21日まで毎週日曜日21:00 - 21:54(JST)に、「日曜劇場」枠で放送された。

1999年から2004年まで連続ドラマが4シリーズ、スペシャル版が1本放送された。

第2期と第3期は「日曜劇場」枠で、第4期は「木曜21時」枠で放送。いずれもTBSチャンネルで放送されている。

1999年に三池崇史監督により映画化された。

キャスト[編集]

主要人物[編集]

ヤマト建設 ⇒ 株式会社ヤマト[編集]

矢島家[編集]

  • 矢島竜太(金太郎の息子) - 島田智之介
  • 矢島明美(金太郎の亡き前妻) - 水野美紀
  • 矢島光子(金太郎の母親) - 斎藤陽子
  • 矢島照男(金太郎の父) - 松方弘樹(第3期)
  • 矢島美香(金太郎と真澄との間に生まれた娘) - 角田彩海(第3期、第4期)

金太郎の関係者[編集]

金太郎の暴走族時代の仲間[編集]

他の工務店[編集]

  • 一ツ橋伸吾(天風山) - 荒勢(第1期)
  • 野田(橘建設社員) - 田山涼成(第1期)
  • 富岡修平(第一創業) - 沖田浩之(第1期)
  • 東山英治(平成建設) - 高知東生(第2期)
  • 東山英雄(平成建設会長) - 北村総一朗(第2期)
  • 篠塚洋子(金太郎のかつて出向した子会社の同僚) - 沢口靖子(SP・第2期)
  • 平尾宗太郎(平尾建設会長) - 鹿内孝(第3期)

その他[編集]

第1期(1999年)[編集]

第2期(2000年)[編集]

第3期(2002年)[編集]

第4期(2004年)[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

第1期[編集]

  • 1999年1月10日 - 3月21日、全11話。
各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
Fight1 1999年1月10日 型やぶりーマン参上! 中園健司 森田光則 20.8%
Fight2 1月17日 熱っつく生きようぜ! 19.8%
Fight3 1月24日 これが男の喧嘩だぜ! 富田勝典 20.9%
Fight4 1月31日 男はハートで勝負する! 17.6%
Fight5 2月07日 ひとりぼっちの死闘! 倉貫健二郎 18.5%
Fight6 2月14日 ダチは命! 17.2%
Fight7 2月21日 死んでも引き下がらねえ! 富田勝典 17.7%
Fight8 2月28日 男はケジメ 18.9%
Fight9 3月07日 プロポーズされたっス! 倉貫健二郎 19.4%
Fight10 3月14日 何! ヤマトを乗っ取る!? 19.5%
Final Fight 3月21日 俺一生忘れないっス! 森田光則 18.5%
平均視聴率 19.0%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)

スペシャル[編集]

放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
1999年10月3日 超ド迫力! 秋の2時間スペシャル
日本一熱い男緊急帰国! 大リストラ発覚!? VIP暗殺計画!? 恋の行方は!?
原田菜緒子 倉貫健二郎 17.8%
視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯

第2期[編集]

  • 2000年4月9日 - 7月2日、全12話。
  • 第1話は初回84分。
各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
Fight1 2000年4月09日 超ド迫力! 新入社員も必見スペシャル! 中園健司 倉貫健二郎 17.4%
Fight2 4月16日 金太郎撃たれる! 富田勝典 17.2%
Fight3 4月23日 命がけの闘いっス! 鈴木利正 14.4%
Fight4 4月30日 イジメなんか怖くねえ 高野英治 14.7%
Fight5 5月07日 夢はでっかくだあー! 倉貫健二郎 16.7%
Fight6 5月14日 全面戦争突入だ! 森田光則 14.8%
Fight7 5月21日 ニセ金太郎現れる!? 鈴木利正 17.0%
Fight8 5月28日 金太郎VSニセ金太郎!? 高野英治 17.2%
Fight9 6月04日 ライバルは金太郎!? 倉貫健二郎 15.3%
Fight10 6月11日 金太郎が心に決めた人 17.1%
Fight11 6月18日 金太郎、結婚への決断 森田光則 16.4%
Final Fight 7月02日 金太郎、最期の挑戦 17.9%
平均視聴率 16.3%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)

第3期[編集]

  • 2002年1月6日 - 3月17日、全11話。
  • 第1話は初回84分。
各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
Fight1 2002年1月06日 超ド迫力! 総理大臣も必見スペシャル 中園健司 森田光則 16.5%
Fight2 1月13日 明るい未来を背負って走る! 富田勝典 14.9%
Fight3 1月20日 俺、家族命でガンバルっス! 倉貫健二郎 16.2%
Fight4 1月27日 え!? 俺が社! 社長っスか!? 高野英治 15.3%
Fight5 2月03日 俺、家族も仕事も頑張るス! 富田勝典 16.7%
Fight6 2月10日 女性必見・夫婦円満の秘訣! 加藤章一 14.6%
Fight7 2月17日 何ッ!? 親父が俺の命を狙う!? 高野英治 14.6%
Fight8 2月24日 俺、族議員の疑惑を暴くス! 倉貫健二郎 13.4%
Fight9 3月03日 オレ、愛する人を守るっス! 高野英治 14.3%
Fight10 3月10日 大興奮! いよいよ最終決戦! 森田光則 17.0%
Final Fight 3月17日 今夜、思いっきり泣いてもらいまっス 倉貫健二郎 17.1%
平均視聴率 15.5%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)

第4期[編集]

  • 2004年1月15日 - 3月18日、全10話。
各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
Fight1 2004年1月15日 平社員が日本を変えるぞ! 中園健司 倉貫健二郎 13.8%
Fight2 1月22日 でっかい仕事が待ってるぜ! 中園健司
関根俊夫
富田勝典 12.6%
Fight3 1月29日 さあ反撃開始だ! 頑張ろうぜ! 関根俊夫 11.6%
Fight4 2月05日 全女性必見! 夢の…ホテル建設 倉貫健二郎 10.4%
Fight5 2月12日 仕事か家族か!? 俺は絶対家族だ 10.6%
Fight6 2月19日 男の涙! 家族の愛! 男の友情! 富田勝典 11.2%
Fight7 2月26日 ひな祭! 生き残りをかけた誓い 倉貫健二郎 10.0%
Fight8 3月04日 お前の裏切りは絶対許せねえ! 田沢幸治 10.3%
Fight9 3月11日 絶体絶命…お前だけが頼りだ! 富田勝典 11.3%
Final Fight 3月18日 夢と希望と勇気で闘おうぜ! 倉貫健二郎 09.8%
平均視聴率 11.2%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)

原作との相違点[編集]

  • 中村加代に中村真澄(ドラマオリジナルキャラ)と言う娘がいる(更に伊郷が元夫で真澄の父)。
  • キャラの一部名前が原作と異なっている(大和守之助が大和龍之介など)。
  • 明智刑事が登場しない。
  • 末永美鈴の娘・末永美々が妹になっている。
  • 金太郎は、中村真澄と結婚。原作とは異なり、末永美鈴とは結ばれない展開になってしまった。
  • 大和の隠し子である龍平が原作では、大和亡き後に登場後すぐに社長を引き継ぐが、ドラマでは金太郎のライバルとして登場している。
TBS 東芝日曜劇場
前番組 番組名 次番組
なにさまっ!
(1998.10.11 - 1998.12.20)
サラリーマン金太郎
(1999.1.10 - 1999.3.21)
グッドニュース
(1999.4.11 - 1999.6.27)
ビューティフルライフ
(2000.1.16 - 2000.3.26)
サラリーマン金太郎2
(2000.4.9 - 2000.7.2)
催眠
(2000.7.9- 2000.9.17)
ガッコの先生
(2001.10.7 - 2001.12.16)
サラリーマン金太郎3
(2002.1.6 - 2002.3.17)
ヨイショの男
(2002.4.14 - 2002.6.30)
TBS系 木曜21時枠連続ドラマ
エ・アロール
(2003.10.9 - 2003.12.18)
サラリーマン金太郎4
(2004.1.15 - 2004.3.18)
渡る世間は鬼ばかり
(第7シリーズ)
(2004.4.1 - 2005.3.31)

映画[編集]

サラリーマン金太郎
監督 三池崇史
脚本 中園健司
原田菜緒子
原作 本宮ひろ志
出演者 高橋克典
音楽 遠藤浩二
主題歌 TUBEIN MY DREAM
撮影 山本英夫
配給 東宝
公開 日本の旗 1999年11月13日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1999年11月13日東宝系で公開。ストーリーは、第1期の後のスペシャルから第2期の間。

キャスト(映画)[編集]

スタッフ(映画)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “高橋克典と言えば「金太郎」「只野係長」! モテまくりのサラリーマンヒーローの第一人者~1999年『サラリーマン金太郎』より/懐かし番組表”. テレビPABLO. (2017年1月17日). https://pablo.click/tv/column/29308/ 2017年1月21日閲覧。 
  2. ^ 当初、原作者の本宮ひろ志の希望で主役の矢島金太郎役のオファーを受けたがスケジュールの都合で実現しなかった、後にパート4で金太郎のライバル役で出演に至った。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]